• BRASH TOP >
  • Lifestyle>
  • 「フレンズ」のキャスト陣、ジェームズ・バロウズ監督を称える特番で再結集!

16.01.15(Fri)

「フレンズ」のキャスト陣、ジェームズ・バロウズ監督を称える特番で再結集!

Brash Editorial Team

Brash Editorial Team

ジェニファー・アニストン

 90年代の米人気TVシリーズ「フレンズ」のキャスト陣が来月、演出を担当したジェームズ・バロウズ(James Burrows)監督を称える特番で再集結する。

 コートニー・コックス(Courteney Cox)、ジェニファー・アニストン(Jennifer Aniston)、リサ・クドロー(Lisa Kudrow)、マシュー・ペリー(Matthew Perry)、マット・ルブラン(Matt LeBlanc)、デヴィッド・シュワイマー(David Schwimmer)らが俳優のショーン・ヘイズ(Sean Hayes)がプロデュースする特番に登場。ショーンは出演するコメディシリーズ「ウィル&グレイス」にも関わったバロウズ監督に賛辞を送るために「フレンズ」のキャスト陣を起用する。

 監督は「フレンズ」と「ウィル&グレイス」の数エピソードで演出を担当したほか、「マイク&モリー」も手がけている。先日、キャリアを通じて1,000本目となるエピソードでメガホンをとった。

 バロウズ監督は以前、リサが出演と製作総指揮を務めたTVシリーズ「ザ・カムバック」で彼女と再び仕事をし、また2013年に40年にわたるTV界での仕事で栄誉を贈られた際には、ジェニファーと再会を果たした。

 「フレンズ」のファンは何年も前からドラマでの再結集を望んでいるが、キャスト陣の多くはあまり乗り気ではないようだ。

 「車イスや人工肛門袋が友だち(フレンズ)になる段階に入りつつあるわ」とジェニファーは2013年にジョークを披露した。「ありえない。劇場版はうまくいかないと思う。それに、みんなの『フレンズ』の思い出を汚すことになるとしたら、自分を許すことができない」

 「みんな、いいかげんにあきらめて。やる気はないわ」とコートニーは昨年、語っている。「とにかくありえない。『フレンズ』では再会らしいことは実現していないの。80パーセントくらい実現に近づいても、必ず最後に誰かが抜けたことが何度もあった」

 「フレンズ」は1994年から2004年まで10シーズンにわたって放映された。

(C) Cover Media

※写真と記事は必ずしも関連するとは限りません。