• BRASH TOP >
  • Lifestyle>
  • アリアナ・グランデ、あこがれのイモージェン・ヒープの自宅に招待されて大興奮!

16.01.18(Mon)

アリアナ・グランデ、あこがれのイモージェン・ヒープの自宅に招待されて大興奮!

Brash Editorial Team

Brash Editorial Team

アリアナ・グランデ

 米人気歌手のアリアナ・グランデ(Ariana Grande, 22)は、英歌手のイモージェン・ヒープ(Imogen Heap)の大ファンなだけに、先日イギリスの自宅で夕食に招待された時は天にも昇る気持ちだった。しかし本当にイモージェンの家に到着するまで、アリアナはなりすましの被害に遭い、赤の他人がイモージェンのフリをしているのではと不安になったという。

 「私が一番好きなアーティストはイモージェン・ヒープなの。取りつかれていると言ってもいいくらい大好きだわ」とアリアナは14日、米トーク番組で司会のジミー・キンメル(Jimmy Kimmel)に語っている。「彼女は最高だし、天才で、もうずっと前から大ファンなの。ある日、『イモージェンがアリアナがイギリスでコンサートをすると聞いて、夕食に招待したいと言っている』というメールが来て、『こんなのありえない!』と思ったわ」

 「彼女の家に向かったけど、すごく遠く離れたところにあって、ひょっとしてなりすましかもしれないと思うようになっていたわ。実際には会えないと思ったの。『彼女が私と夕食なんてありえない。これって全部が冗談かしら? 今は死に向かっているに違いない。これから殺されるんだわ』と心配していたの。でも家に着くと、彼女が迎えてくれて、最高のサプライズだったわ!」

 アリアナは自分にとってのアイドルと会えるという気持ちに圧倒され、引きこもりがちでほとんど何も話せなくなったという。というよりも、その夜の出来事はすべてが「ぼんやり」としていて、イモージェンが用意してくれた料理を思い出すことができないほどだという。

 「彼女が料理を振る舞ってくれて、すごくうれしかった」とアリアナは続けた。「どんな料理だったのかは忘れたわ。あの夜はすべてがぼんやりとしていて、私はずっとシャイだったの。自分が何か言ったかどうかも覚えていないわ。自分が死んで、それは夢だったんだと確信したほどよ」

(C) Cover Media

※写真と記事は必ずしも関連するとは限りません。