• BRASH TOP >
  • Lifestyle>
  • クロエ・カーダシアン、元夫ラマー・オドムとセックステープを撮影したことを認める!

16.01.22(Fri)

クロエ・カーダシアン、元夫ラマー・オドムとセックステープを撮影したことを認める!

Brash Editorial Team

Brash Editorial Team

クロエ・カーダシアン

 米リアリティ番組「カーダシアン家のお騒がせセレブライフ」で知られるクロエ・カーダシアン(Khloé Kardashian, 31)が、元夫でNBA選手のラマー・オドム(Lamar Odom, 36)と結婚している間にセックステープを撮影していたことを認めた。

 クロエは法的には現在もラマーと結婚しているが、ラマーが昨年10月、ドラッグの過剰摂取で瀕死の状態に陥ったため、回復するまでは離婚手続きを中止している。結婚していた間は健康的な夫婦生活が「お騒がせセレブライフ」やそのスピンオフ「クロエ&ラマー」でも詳しく伝えられており、クロエが浴室で自分の「セクシー動画」を撮影したり、2人がイチャイチャぶりを披露する場面もあった。

 セックステープが明るみに出て有名になったのは姉のキム(Kim)のほうだが、クロエもラマーと結婚していた間に同様の動画を作っていたことを認めた。

 「元夫とのセックスを撮影したのは確かよ」と17日夜に米トーク番組「Watch What Happens Live!」に出演したクロエは告白した。「でも、別にカメラに向かって話しかけていたわけじゃないわ」

 夫婦の営みが決して寝室から外に出ることがないようにするため、動画は「安全な場所で保管」しているとクロエは司会のアンディ・コーエン(Andy Cohen)につけ加えた。

 ラマーが昨年、ネバダ州ラスベガスの売春宿で意識不明で発見されて以来、クロエは波乱に満ちた数ヶ月を送ってきた。回復に向けて病院生活を送るラマーをそのそばで支えている。ラマーはすでに退院して現在はリハビリ施設に移っており、クロエはその回復ぶりを喜んでいる。

 「突然歩けるようになったの」とクロエ。「医者も驚いているわ」

 インタビューの相手の最もセクシーな秘密を探りだすことでも有名な同番組で、クロエは整形手術の経験についても打ち明けている。今ではかなりふっくらとした唇の秘密は「レーザー治療」だとクロエは明かした。

 「顔全体をレーザーでプランピングしたの」とクロエは告白した。「体にはリポレーザーをしているわ。すべて試しているの」

(C) Cover Media

※写真と記事は必ずしも関連するとは限りません。