• BRASH TOP >
  • Lifestyle>
  • ショーン・コムズらが汚染水で非常事態のミシガン州に100万本のボトル水を緊急送付!

16.01.27(Wed)

ショーン・コムズらが汚染水で非常事態のミシガン州に100万本のボトル水を緊急送付!

Brash Editorial Team

Brash Editorial Team

ショーン・コムズ

 米音楽プロデューサーでラッパーのショーン・コムズ(Sean Combs)と俳優でビジネスパートナーでもあるマーク・ウォルバーグ(Mark Wahlberg)がエミネム(Eminem)やウィズ・カリファ(Wiz Khalifa)と協力し、ミシガン州フリントで水不足に苦しむ住人らに飲料水を送る支援を始めた。ショーンらの前にも大勢のセレブが同様の支援を続けている。

 フリントでは2014年から飲料水をボトル水に頼らざるを得ない状況が続いている。以前は湖からの取水でまかなっていたが、コスト削減のためフリント川からの取水に切り替えた後で、水が鉛で汚染されていることが判明した。

 今回の騒動で大勢のスターが行動を起こし、市に寄付をする動きが広がっている。先陣を切ったのは人気歌手で女優のシェール(Cher)で、先週から飲料水会社「Icelandic Glacial」の幹部らと組んで18万1,000本超のボトル水を市民へ送っている。

 ラッパーのミーク・ミル(Meek Mill)やビッグ・ショーン(Big Sean)、ロックバンドのパール・ジャム(Pearl Jam)も続き、さらにショーンとマークも加わってロサンゼルスを拠点とするアクアハイドレート社のフィットネスウォーターのボトル100万本を届ける注文を出した。ウィズとミシガン出身のエミネムも寄付に参加している。

 第一弾として5,000ケースが現地時間27日に到着する予定で、ショーンとマークは2013年に同社に投資した。2人はフリントでの水危機が収まるまで支援を続けると宣言している。

 一方、ロック歌手のジャック・ホワイト(Jack White)も自身のレーベル「サード・マン・レコーズ」を通じ、ビッグ・ショーンとパール・ジャムも寄付金集めに使っている寄付SNSサイト「CrowdRise」で募金活動をスタート。募金したファンには景品を獲得するチャンスが与えられる。米トーク番組の司会者ジミー・ファロン(Jimmy Fallon)は市民への支援として1万ドル(約118万円)の小切手を慈善団体「Community Foundation Greater Flint」に送った。

 俳優のマット・デイモン(Matt Damon)も市の対応に怒りを表明し、ミシガン州のリック・スナイダー(Rick Snyder)知事は辞任して起訴されるべきだとするシェールなどセレブ仲間の呼びかけを支援している。

 「少なくとも辞任すべきだ。それが最低限だ」とマットは米ニュースサイト「The Daily Beast」で語っている。

(C) Cover Media

※写真と記事は必ずしも関連するとは限りません。