• BRASH TOP >
  • Lifestyle>
  • ルース・ウィルソン、有名人にも人気の出会い系アプリで恋人を見つけるのは難しいとため息!

16.02.02(Tue)

ルース・ウィルソン、有名人にも人気の出会い系アプリで恋人を見つけるのは難しいとため息!

Brash Editorial Team

Brash Editorial Team

ルース・ウィルソン

 英女優のルース・ウィルソン(Ruth Wilson, 34)は、ジュード・ロウ(Jude Law)に加え、一番最近では『Constellations(原題)』で共演したジェイク・ギレンホール(Jake Gyllenhaal)など、トップスターとの熱愛が噂されてきた。しかしただでさえ有名人だとデートの相手を見つけることは難しく、有名人にも人気の出会い系アプリ「Tinder」など、恋人を見つける方法が使えない自分が恋愛相手を探すのは余計にハードルが高いと感じている。

 「Tinderは使えないの」とルースは英InStyle誌で語っている。「ずっと前から知っている人から相手を見つけるのが普通だわ。でも、それって難しい。仕事の性質から考えても難しいわ。名声もその側面の1つ。いつも家にいないことが多いし、いろんな場所で仕事しなくちゃいけない。有名人でなくても恋愛は難しいものよ」

 またルースはジェイクとの交際の噂についても質問され、次のように答えている。「どうかしら。あまり言わない主義だし、言いたくもないわ。他人には関係のないことだから」

 そんなルースは米TVシリーズ「アフェア 情事の行方」が大ヒットしたことで、アメリカで成功を収めた。大胆な描写にも挑戦する必要に迫られるが、同ドラマで描かれるセックスの量は「不必要で気まずい」と考え、ミーティングで話し合うことを求めたという。「個人的には、セックスシーンとオーラルセックスはもうやりたくなかった」

 しかし製作側とのミーティングで問題は解決したとルースは力を込めた。

 「そういう状況では、自分の声に耳を傾けなくちゃいけない」とルースは続けた。「まだセックスの要素はあるけど、自分がヌードになるという想定じゃなかったの」

 ルースが「アフェア」に出演を決めたのは、オファーされる映画の脚本を読んでも、自分が求めるものが見つからなかったからだ。今でもハリウッドでは女性が活躍する機会が足りないと不満も感じている。

 「正直、アメリカでTVに出ることは目的じゃなかったの。契約がどんなものか知っているし、長い時間がかかる。でも、映画の脚本はあまり良いものじゃなかった」とルースは話している。「出回っている中でベストな企画に出られる女性は本当に少ないし、すばらしい女性キャラクターが登場する映画の脚本なんて、1年に3本くらいしかない。だから出演作は限られてくる。TVでは女性がリードする番組が多くて、驚いているわ」

(C) Cover Media

※写真と記事は必ずしも関連するとは限りません。