• BRASH TOP >
  • Lifestyle>
  • 父を失った翌日に生放送ミュージカルに出演したヴァネッサ・ハジェンズに称賛の声が殺到!

16.02.03(Wed)

父を失った翌日に生放送ミュージカルに出演したヴァネッサ・ハジェンズに称賛の声が殺到!

Brash Editorial Team

Brash Editorial Team

ヴァネッサ・ハジェンズ

 1月31日に全米で生放送されたミュージカル特番「Grease: Live」でキャスト陣が見せた欠点のかけらもないパフォーマンスに、大勢のセレブがSNSで称賛の声をあげている。

 バッドガールのリッゾを演じたヴァネッサ・ハジェンズ(Vanessa Hudgens)は、父グレッグ(Greg)さんを前日にがんで失ったが、見事なパフォーマンスを披露。特番はグレッグさんへの追悼番組となった。

 出演にすべてを捧げた気丈なヴァネッサの演技にはTwitter上で絶賛の声が多く寄せられ、ジュリアン・ハフ(Julianne Hough)やカーリー・レイ・ジェプセン(Carly Rae Jepsen)、ジョー・ジョナス(Joe Jonas)、マリオ・ロペス(Mario Lopez)らキャスト陣にも称賛の言葉が相次いだ。

 特にマリオはヴァネッサの演技に感動し、Twitterで尊敬のメッセージを送っている。

 「ヴァネッサ・ハジェンズのように、あんなことがあった日にあんなパフォーマンスを成し遂げることを想像してほしい。ワオ。なんて強い女性だろう。新しいヒーローの誕生だ」とマリオはツイートした。

 ライブ中継には約600人のキャストとスタッフが関わり、14のセットを展開。20エーカーのスタジオの空き地で上演され、詰めかけたファンを最初から最後まで魅了した。大勢のセレブも舞台裏で支えたスタッフを称賛。モデルのクリッシー・テイゲン(Chrissy Teigen)も特に感銘を受けた1人だった。

 「『Grease: Live』を観ているところ。この舞台の裏側がどんなに大変かを考えると、言葉もないくらい尊敬する」とクリッシーはつぶやき、自分にはこの舞台に立つ自信がないと認めた。「こんな舞台に自分が出演すべきでないことは、どんな言葉でも説明できないわ。きっと大失敗していたはず。この中で1人でもミスをした人がいるの?? 私なんて、カウチに座っているだけで11ものミスをしたのに」

 主役のサンディ・ヤングを演じたプロダンサーのジュリアンの兄デレク(Derek)もTwitterで妹の腕前をほめた。

 「最高だ!」とデレクはツイート。「全米生中継で歌うなんて!!!! 大成功だよ! 感極まって、兄として誇らしい」

 ヴァネッサとはTV映画「ハイスクール・ミュージカル」で共演したアシュレイ・ティスデイル(Ashley Tisdale)も彼女のパフォーマンスに感激した気持ちをつづり、デブラ・メッシング(Debra Messing)らも感動のあまり泣いたことを認めている。

 「フィナーレはどうだったかって? 泣いたわ」とデブラはツイートしている。

 リアリティ番組の人気者ニコール・「スヌーキー」・ポリッツィ(Nicole ‘Snooki’ Polizzi)も、「ああ、涙が止まらない。オリジナルの『グリース』も大好きだけど、これは本当に最高だわ」と続いた。

(C) Cover Media

※写真と記事は必ずしも関連するとは限りません。