• BRASH TOP >
  • Lifestyle>
  • KE$HAの母親、ドクター・ルークの名誉毀損訴訟で勝利!

16.02.05(Fri)

KE$HAの母親、ドクター・ルークの名誉毀損訴訟で勝利!

Brash Editorial Team

Brash Editorial Team

KE$HA

 人気歌手のKE$HA(ケシャ)の母親が、音楽プロデューサーのドクター・ルーク(Dr. Luke/本名:ルーカス・ゴットワルド、Lukasz Gottwald)がニューヨークで起こした名誉毀損訴訟で勝利した。

 ドクター・ルークは2014年、かつてプロデュースを手がけていたKE$HAから性的虐待で訴訟を起こされてメディアの注目を集めた。KE$HAは長年にわたってドクター・ルークから性的、身体的、精神的な虐待を受け、言葉による暴力もあったと主張している。さらに、ドクター・ルークのせいで2年前にイリノイ州にあるティンバーライン・ノールズ治療センターで60日間の治療を受けたとも明かした。

 一方のドクター・ルークも名誉毀損と強要で対抗訴訟を起こした。KE$HAと母のピービー・セバート(Pebe Sebert)に、KE$HAが18歳の時に自分と交わしたマネージメント契約を解消しない限り、不適切な振る舞いを公にすると脅迫されたと主張。また、KE$HAの怒りをそそのかしたとしてセバートに対する別の訴訟も起こしていた。

 しかし3日、ニューヨークの裁判所は管轄の問題を理由にドクター・ルークの訴訟を却下し、またセバートがKE$HAを「コントロール」していたという証拠が不十分だとも指摘した。

 しかし今回の敗北にもかかわらず、ドクター・ルークのセバートに対する闘いは終わらない。テネシー州在住のセバートに対して別の名誉毀損訴訟を起こしているからだ。

 一方、KE$HAのドクター・ルークに対する訴訟の審理は先月、米東海岸を襲ったブリザードの影響で移動ができなくなったために延期された。「Tik Tok」などのヒット曲で知られる彼女は、2月19日に開かれる審理でドクター・ルークと仕事をする義務を負わせるソニーとの契約を解除できるかどうかを知ることになる。解除が認められれば、KE$HAは新レーベルから新曲をリリースできる。

(C) Cover Media

※写真と記事は必ずしも関連するとは限りません。