• BRASH TOP >
  • Lifestyle>
  • タイラー・ポージー、シーナ・ゴーリックとの婚約解消を今も引きずっていると告白!

16.02.08(Mon)

タイラー・ポージー、シーナ・ゴーリックとの婚約解消を今も引きずっていると告白!

Brash Editorial Team

Brash Editorial Team

タイラー・ポージー

 米人気TVドラマ「ティーン・ウルフ」で知られる俳優のタイラー・ポージー(Tyler Posey, 24)は、2014年にシーナ・ゴーリック(Seana Gorlick)との婚約を解消したショックを今も引きずっている。

 タイラーは2013年、12歳の時から付き合っていたシーナと婚約したが、1年後に別れた。今でも次の恋を始める_気持ちにはなれないと認めている。

 「今でも心から彼女がいなくてつらいと思っているよ」とタイラーは米People誌で打ち明けた。「自分にフィアンセがいたなんて、信じられない気分だ」

 タイラーは婚約解消後、別の女性とのデートも試したが、まだ恋愛する準備はできていないと気づくには時間がかからなかったようだ。

 「僕は遊び人でも、行きずりの関係を持つタイプでもなかった」とタイラー。「しばらくはフリーでいる必要がある。成長する時間が必要なんだ」

 そんなタイラーは2014年、母を乳がんで失い、婚約解消よりもつらい悲劇を経験した。

 「母は僕にとって親友だった」とタイラーは続けた。「家族を一つにする存在だった。家族という感覚を失ったよ」

 タイラーは大切な人を失った喪失感で気分がふさぎ込み、悲しさを紛らわすために仕事にのめり込んでいるとも明かした。

 「自由な時間が手に余るくらいある時は、悲しい気持ちに襲われるんだ」とタイラーはつけ加えた。「仕事で忙しいと、正気を保っていられる。すべてをキャリアに注ぎ込みたいんだ。(この1年で)自分はすっかり変わったけど、今の自分はとても気に入っている。毎日少しずつ成長している。これまで経験してきたことすべてで、やると決めたことは何でも実現できることに気づいたんだ。そのすべてを実現したい」

 タイラーは先日、沈んだ気持ちに折り合いをつける別の方法を見つけたとも認めていて、それは他の人が悲しみを乗り越えるのをSNSでサポートすることだ。

 「つらかったよ」とタイラーは先月、米エンターテイメント情報番組「Access Hollywood Live」で母を亡くした経験について語った。「そんな時、頼れる相手がいなかった。こういう経験をした時に、どうすればいいか知っていると思える人がいなかった。秘密にしていたわけじゃなく、母の死についてオープンになれなかっただけなんだ」

 「そのうち、YouTubeにチャンネルを作った。ほとんどは曲を流しているけど、ある曲の後で母について打ち明けたんだ。すごく生々しい気持ちを語った。計画していなかったけど、言わずにはいられなかった」

 「今は同じことを経験した子どもたちを助けたい。グリーフ・カウンセリングみたいなもので、たくさんの子どもたちが尊重してくれている。自分もまだ模索中で、できるだけリアルなものにしたいんだ」

(C) Cover Media

※写真と記事は必ずしも関連するとは限りません。