• BRASH TOP >
  • Lifestyle>
  • ヒュー・ジャックマン、2年で5度目の皮膚がんの手術を受ける

16.02.10(Wed)

ヒュー・ジャックマン、2年で5度目の皮膚がんの手術を受ける

Brash Editorial Team

Brash Editorial Team

ヒュー・ジャックマン

 『X-MEN』シリーズのウルヴァリン役で知られる豪俳優のヒュー・ジャックマン(Hugh Jackman, 47)が、2年で5度目となる皮膚がんの手術を受けた。

 ヒューは鼻にできものがあることに気づき、2013年末に初めて手術を受けた。その後は皮膚がんの危険性について繰り返し訴えている。

 ヒューは8日、鼻筋に絆創膏を貼った姿をInstagramで公開し、5度目のがん除去手術を受けたとファンに明かした。

 「日焼け止めをしないとこうなるというお手本だ」とヒューはキャプションを添えた。「基底細胞がんだ。がんとしては最も軽いものだが、深刻であることに違いはない。どうか日焼け止めを使うのを忘れず、定期的に検査を受けてほしい」

 ヒューは最初に鼻のできものに気づいた時、ウルヴァリン役で着る衣装のカギ爪でできたものだと思ったという。しかし、メイクアップアーティストと妻のデボラ=リー・ファーネス(Deborra-Lee Furness)に促されて皮膚科医の診察を受け、がんと判断した。

 「『がん』という単語を聞くだけでもショックであることは変わらない」とヒューは以前、米People誌に語っている。「オーストラリア人にとっては極めて普通のことだ。子どもの時から日焼け止めを使ったことがなかったから、皮膚がんの最有力候補だった。冷静になろうとしていたけど、(担当する皮膚科医の)マイケル・アルボム(Michael Albom)医師が症状を細かく説明してくれて、ある意味、がんにかかるとしても、一番マシなタイプのものだと言われた」

 「基底細胞がんは、付き合っていくしかないものだ。がんだから成長する。そして取り除くんだ」

 ヒューは昨年4月に4度目の手術を受けた後、将来はがん細胞が増えるだろうと医師から警告されていたが、1年も経たずに再手術を受けることになった。

 「3ヶ月おきに定期検査を受けているよ」とヒューはPeopleに語っている。「自分にとっては、新しい普通の生活だ。医者からは、もしこれが人生で背負わなければならない試練だとしたら、とてもラッキーだと言われているよ」

(C) Cover Media

※写真と記事は必ずしも関連するとは限りません。