• BRASH TOP >
  • Lifestyle>
  • オルセン姉妹、新作パルファムも準備中で香水ライン拡大に熱意!

16.02.11(Thu)

オルセン姉妹、新作パルファムも準備中で香水ライン拡大に熱意!

Brash Editorial Team

Brash Editorial Team

オルセン姉妹

米デザイナーのメアリー=ケイトとアシュレーのオルセン姉妹(Mary-Kate & Ashley Olsen)は、彼女たちの人気高級ブランド「The Row」に加えて、これまで外部にライセンス生産させていたカジュアルライン「Elizabeth and James」を彼女たち自身のイン・ハウスブランドとして100%自らの管理下で展開することを決定、2016年秋ものから新生「Elizabeth and James」としての初コレクションが発表される予定だ。

これに伴い、姉妹は「Elizabeth and James」の香水部門でも新たな動きを起こそうとしている。既に香水・化粧品専門店の「セフォラ」(Sephora)からパルファムの「Elizabeth and James」“ニルヴァーナ・ブラック”と“ニルヴァーナ・ホワイト”が練り香水、ドライシャンプーなども合わせて発売中であるが、姉妹は自身の香水商品が今春から有力百貨店の「Nordstrom」、「Von Maur」「Holt Renfrew」およびオンライン通販の 「Net-a-porter.com」でも販売されることをファッション業界専門紙WWDに対して明らかにした。さらに今年の後半には新作の香水も発売予定で、現在準備中ということだ。

「現時点では、化粧品などの分野にまで手を広げることは考えてなくて、それは将来のことと思っている」とメアリー=ケイトは語っている。

服に関しても、姉妹はアスレチックウェアへの進出を既に検討中とのことだが、この分野については、技術面の優劣が大きなポイントとなるだけに、慎重にパートナーを物色中だという。

「Elizabeth and James」の既存の熱烈なファンも十分に満足させつつ、その上で自分たちの扱う範囲を広げるという課題をオルソン姉妹はしっかり認識している。

「わたしたちが「Elizabeth and James」を最初に立ち上げた時には、まずブレザーとシャツを大きく売り出したの。最近ではドレスも大きく売り出している。でも、セーターなんかは「Elizabeth and James」ではまだあまり掘り下げていない」と、メアリー=ケイトは解説した。

「お客さんたちには、どんな服か既に理解して安心して買えていただいているドレスを中心に引き続き購入していただけると思うけれど、そこを核に他のアイテムやカテゴリーにも少しずつ手を伸ばしてもらえるのではないかと考えている。ファンになっていただいたお客さんを失わず、その上で成長していくのがビジネスとして一番大事なことだと思っているのよ。信頼を保ち続け、時間を守って商品を届け続け、商品のレベルと質を常に高いものにする、ということよね」

(C) Cover Media

※写真と記事は必ずしも関連するとは限りません。