• BRASH TOP >
  • Lifestyle>
  • ジェニファー・ローレンス、小児科病院に200万ドルを寄付!

16.02.15(Mon)

ジェニファー・ローレンス、小児科病院に200万ドルを寄付!

Brash Editorial Team

Brash Editorial Team

ジェニファー・ローレンス

 女優のジェニファー・ローレンス(Jennifer Lawrence, 25)がケンタッキー州の小児科病院に200万ドル(約2億2,700万円)の寄付をした。改修された集中治療室は彼女の名前にちなんで名付けられている。

 『ハンガー・ゲーム』シリーズで知られるジェニファーは先日、コセア小児病院が集中治療室を改修する費用に必要な2,500万ドルの資金集め活動を支援するため、巨額の寄付を提供した。同病院が12日に記者会見で明らかにしたもので、ジェニファーは事前収録したビデオで今回の改修工事と自身の名を冠した心臓病用ICUの設立を発表した。

 「こんにちは、ジェニファー・ローレンスです」と彼女はビデオで語りかけた。「コセア小児病院に_ジェニファー・ローレンス基金心臓病集中治療室を設立することが発表できて、とても興奮しています」

 ジェニファーは再開発の資金集めを支援するためにはファンが寄付することも大事だと訴えた。

 「子どもたちや介護者の人たちを支援する活動の一環として、すべてのコミュニティがこの理念を後押しして、私の贈り物と同じ額の200万ドルの寄付を集めるのを助け、勇敢で感動的な子どもたちを支援してくれたらと思っています」とジェニファーはつけ加えた。

 オスカー女優のジェニファーの家族も今回の発表をそばで祝っていた。ジェニファーは昨年のクリスマス前に出身地である同州ルイビルにある同病院を特別訪問していた。

 ジェニファーは2013年から毎年この時期に訪問しており、ささやかなクリスマスのお祝いを社会に伝えることで、家族も大きな喜びを感じていると認めた。

 「家族と私はこの病院を訪問して、たくさんのすばらしい子どもたちと出会いました」とジェニファーは別の声明で語っている。「その力と勇気に刺激を受けています。みなさんも自分にできることをやり、支援のために追加で200万ドルを集められるようチャレンジします」

 _ジェニファー・ローレンス基金心臓病集中治療室は、心臓処置を受けた子どもたちに個室を、家族に専用スペースを提供し、一緒にすごせるようにすることを目的としているとゴシップ情報サイト「GossipCop.com」は伝えている。

(C) Cover Media

※写真と記事は必ずしも関連するとは限りません。