• BRASH TOP >
  • Lifestyle>
  • ケリー・オズボーン、コウモリにフンをかけられたのは「父への呪い」と恨み節!

16.02.16(Tue)

ケリー・オズボーン、コウモリにフンをかけられたのは「父への呪い」と恨み節!

Brash Editorial Team

Brash Editorial Team

ケリー・オズボーン

 英ミュージシャンのオジー・オズボーン(Ozzy Osbourne)の娘でTVタレントのケリー・オズボーン(Kelly Osbourne, 31)が、コウモリが頭にフンをひっかけたのは父の罪を自分が償っているからだとジョークを飛ばした。

 英ヘヴィーメタルバンド、ブラック・サバス(Black Sabbath)のフロントマンとして知られるオジーは以前、アイオワ州デモインでのコンサート中に気絶したコウモリの頭を食いちぎるパフォーマンスを披露して悪名を轟かせたことがある。

 今月10日、ケリーはコウモリの標的にされたとInstagramのフォロワーに明かした。

 「『ハリーズ・フェイマス・パイ』に行く途中でコウモリに襲われ、フンを頭にかけられたわ!」とケリーは怒りを爆発させた。

 ケリーはその後、自分とオジーの写真を並べた画像を公開しコウモリの襲撃は決して偶然ではなかったと強調した。

 「父と私を見間違ったんだわ。でも、私が父の罪を償うなんて!」とケリーはキャプションを添えた。

 ケリーは現在、豪音楽オーディション番組「オーストラリアズ・ゴット・タレント」で審査員を務めている。オーストラリア滞在中もトラブルとは無縁ではなく、足首を骨折してからは杖をついている。

 豪百貨店「デヴィッド・ジョーンズ」の秋冬ファッションのお披露目イベントに出席したケリーは、番組のオーディション中にハイヒールを履いていたせいで昨年末に骨折した足が悪化したと認めた。具合がそこまで悪かったことに気づかなかったという。

 「右足の5ヶ所が骨折しているけど、実は『オーストラリアズ・ゴット・タレント』のオーディション期間中にヒールを履いていたの」とケリーは豪版Daily Mail紙で明かした。「すごく痛いと思って、診察してもらったら、『君、5ヶ所が骨折しているよ』と言われたの」

(C) Cover Media

※写真と記事は必ずしも関連するとは限りません。