• BRASH TOP >
  • Lifestyle>
  • クレンズ・ダイエットが苦手なディタ・フォン・ティース、スムージーとピラティスで美ボディを維持!

16.02.23(Tue)

クレンズ・ダイエットが苦手なディタ・フォン・ティース、スムージーとピラティスで美ボディを維持!

Brash Editorial Team

Brash Editorial Team

ディタ・フォン・ティース

40代になった現在も砂時計のような美しいくびれを維持しているバーレスク・ダンサーのディタ・フォン・ティース(Dita Von Teese, 43)が、固形物を食べない減量法「フード・クレンズ」には二度と手を出さないと米In Touch Weekly誌のインタビューで明言した。やせ願望が強かった10代の頃はウェストが17インチ(約43 cm)だったこともあるディタだが、今は無茶なダイエットに手を出さないことにしているという。「クレンズ・ダイエットは二度とやらないわ。5日間食べないダイエットをやってみたことがあるけれど、食べ物と噛むことのありがたさを痛感しただけで効果がなかったから」と、ディタは話している。「私はできるだけヘルシーな食生活を送るようにしていて、朝は70パーセントが緑黄色野菜で30パーセントがフルーツのスムージーを飲んでいるの。日中は肉類や乳製品を口にしないことにしているし、小麦も控えているわ」。

食生活をしっかり管理しているディタだが、実はメスカル(メキシコ産の蒸留酒)を飲みながら食べる自家製のトルティーヤ・タコスがたまらなく好きなのだという。

体型を維持するためにエクササイズにも励んでいるディタは、週に3回以上ピラティスのクラスに通っている。「週に3回から5回、ピラティスのクラスに通っているわ。クラスに通うのは、誰か私を監視してくれる人が必要だからなの。でも、カーディオ・エクササイズはやってないわ。私はカーディオがまるでダメなのよね」と、ディタは笑いながら明かしていた。

(C) Cover Media

※写真と記事は必ずしも関連するとは限りません。