• BRASH TOP >
  • Lifestyle>
  • 『アナ雪』のイディナ・メンゼル&クリステン・ベルがチャリティーで再共演!

16.03.16(Wed)

『アナ雪』のイディナ・メンゼル&クリステン・ベルがチャリティーで再共演!

Brash Editorial Team

Brash Editorial Team

イディナ・メンゼル

 歌手で女優のイディナ・メンゼル(Idina Menzel)、女優のクリステン・ベル(Kristen Bell)、俳優のジョシュ・ギャッド(Josh Gad)の3人が13日、チャリティーコンサートに参加し、ディズニーアニメ『アナと雪の女王』の「ミニ同窓会」を楽しんだ。

 2013年に大ヒットした『アナと雪の女王』ではイディナがエルサ、クリステンがアナ、そしてジョシュがオラフの声を務めた。現在はその続編が制作中で、3人はイディナが設立したチャリティー団体「ア・ブローダーウェイ・ファウンデーション」主催のチャリティーコンサートに出演した。

 イディナとクリステンはくつろいだ感じのカジュアルな服でステージに登場したが、この日の主役はあくまで彼女たちの歌声。劇中歌を熱唱し、観客を沸かせた。

 クリステンはイディナとマイクの前に立っている写真をSNSで公開し、次のようなキャプションを添えた。「超ゴキゲンなイディナと、彼女のア・ブローダーウェイ・ファウンデーションのチャリティーコンサートで一緒に『アナ雪』の曲を熱唱中」

 一方、雪だるまのオラフとしてセリフを披露したジョシュは、3人で撮った写真をアップし、こう書き添えている。「『アナ雪』チーム再結成。2人とも愛してるよ!」

 コンサートではサウンドトラックには収録されなかった曲「More Than Just the Spare」をクリステンが歌うというサプライズもあった。

 ジョシュはInstagramでクリステンが歌う短い動画を公開し、「朝の10時からこんな声で歌うなんてありえないよ?!!!」とキャプションを添えた。

 イディナと元夫のテイ・ディグス(Taye Diggs)は2010年、都市部に住む女の子たちがアートを中心としたプログラムを通じて自分たちを表現することを支援する同団体を立ち上げた。

 『アナと雪の女王』は世界中で大ヒットしたため、ディズニーが昨年3月に続編の製作を認めたのはごく当然と受け止められた。

 2015年にはスピンオフ『アナと雪の女王/エルサのサプライズ』が公開されたほか、映画データベースサイト「IMDb」のイディナのページには2017年にタイトル未定のTV映画がホリデースペシャルとして放映予定となっている。

(C) Cover Media

※写真と記事は必ずしも関連するとは限りません。