• BRASH TOP >
  • Lifestyle>
  • エリー・ゴールディング、ダギー・ポインターとの復縁を熱望!

16.03.24(Thu)

エリー・ゴールディング、ダギー・ポインターとの復縁を熱望!

Brash Editorial Team

Brash Editorial Team

エリー・ゴールディング

 英歌手のエリー・ゴールディング(Ellie Goulding, 29)が、先日別れた英ポップバンド、マクフライ(McFly)のベースを担当するダギー・ポインター(Dougie Poynter)との復縁を熱望している。

 エリーは今月、2年間付き合っていたダギーとの破局を認めた。しかし、ロマンスの火はまだ消えていないと確信しており、共に築いた絆が特別だっただけに、いつかよりを戻せる日が来ると願っている。

 英Heat誌とのインタビューで復縁の可能性を問われたエリーは、「たぶんね。そうなってほしい。私たちの間には特別なものがあって、それは他の人の目にも明らかだと思う。友だちも、家族も感じているわ。母はすごく悲しんでいた」と答えた。「まだ終わっていないこと、終わっていない物語があるような感じがしているの。そうであってほしい。彼は本当にステキな人だし、仕事もうまくいっていて忙しいのは私も同じ。そうなってほしい。彼は最高の人なの」

 エリーは同じく英歌手のエド・シーラン(Ed Sheeran)にならい、現在のツアーが10月に終わったら活動を休止するつもりでいる。作曲は続けるが、楽曲で破局について赤裸々に語るかどうかは不明だ。

 「分からない。人生での出来事を曲で語っているのはみんなが知っているとおりだけど、まだはっきり言うのは早すぎる」とエリーはつけ加えた。「別れたばかりだし、状況が全然違う。私が誰かと別れたことは、他の人が誰かと別れたことと全く同じだってことを、みんなが忘れてしまっているんだと思う。最悪なの。でももし彼のことを曲にしたら、良い内容にしかならないはずだわ」

 さらにエリーは、2月にプロデューサーのクライヴ・デイヴィス(Clive Davis)が主催したグラミー賞プレパーティーで唇が以前よりふっくらしていたのを目撃され、整形手術を受けたのではないかと報じられているが、そうした噂を否定。メイクアップアーティストの技術によるものだと主張し、こう断言している。「何も手を加えていないわ。友だちに聞いても、みんな私が針が大嫌いだって言うに決まっている。あんなことをするのは絶対にムリ。でもおかしな話だわ。笑いを見出さないとやっていられない」

(C) Cover Media

※写真と記事は必ずしも関連するとは限りません。