• BRASH TOP >
  • Lifestyle>
  • 男性プラスサイズモデルのザック・ミコ、悪意ある書き込みにへこたれない!

16.03.26(Sat)

男性プラスサイズモデルのザック・ミコ、悪意ある書き込みにへこたれない!

Brash Editorial Team

Brash Editorial Team

ザック・ミコ

大手モデル事務所「IMG」の所属としては初めての男性プラスサイズモデルとなるザック・ミコ(Zach Miko, 26)は、多くのトップモデルが所属するIMGと自身が契約したことをいまだ夢のように感じることがあるようだ。

痩せすぎた体型の女性たちがこれまでもっぱら主流を占めていたファッションモデルの世界において、アシュリー・グラハム(Ashley Graham)やロビン・ローリー(Robyn Lawley)のような女性プラスサイズモデルが多く活躍し始めていることで、いまや細身でない体型の女性たちも普通にモデルになる道が、大きく切り開かれ出している。

その動きは男性モデルの世界にもおよび、ザックをはじめとする痩せ体型でない男性モデルたちも、この流れに乗ろうとしている。ザックは、IMGが新たに設立するプラスサイズの男性モデル部門「Brawn Division」で契約を結ぶ最初のモデルとなる。

「世界一のサポーターを持てて僕はすごく幸運だよ。街の人やファンの人たちからもらう熱い応援の声にただただ驚いているよ」とザックは米Teen Vogue誌に語った。「Body Positive(自分の体型をポジティブに考える団体)」にサポートしてもらったことをとても誇りに思うよ。彼らのコミュニティに参加することは僕にとってすごく重要なんだ。ネットの荒らしや嫌な記事はいつも目にするけれど、サポーターたちの支持にはとても感謝している。ひどいことを言おうと現れる奴1人につき。そいつらを黙らせるために乗り出してくれるひとが僕には10人いる」と、ザックはTeen Vogue誌に対して破顔した。

身長198センチでウエストライン102センチを誇るザックは、以前にはディスカウントリテールブランド「Target」やメンズファッションブランド「BadRhino」などのモデルを務めた経験はあるが、IMGとの契約締結のニュースが報じられて以降、VOGUEやWWDなど数々の有名ファッション誌・出版物にザックは引っ張りだこになっている。ファッション業界が彼を歓迎しているにも関わらず、ザックはその現実をまだ信じられないという。

「大喜びだったよ!身に余る光栄であり、興奮したし、感謝の気持ちでいっぱいになった。それに、なかなか信じられなかった」とザックはIMGと契約した時の様子を笑って話した。「妻と僕はリビングで踊って喜んだよ。その後すぐに両親に電話したんだ」とザック。

「僕のキャリアだけじゃなく、これを機にファッション業界は生まれ変わる。ずっとこの世界に手の届かなかった人たちにとっても、身近なものに変わるんだ。時々あだ信じられなくて、誰かがクローゼットから飛び出してきて『ドッキリでした!』って言われるのじゃないかと思ったりするよ」

(C) Cover Media

※写真と記事は必ずしも関連するとは限りません。