• BRASH TOP >
  • Lifestyle>
  • 買い物嫌いなホリデイ・グレインジャー、服の購入をスタイリストに任せられるのって最高!

16.03.29(Tue)

買い物嫌いなホリデイ・グレインジャー、服の購入をスタイリストに任せられるのって最高!

Brash Editorial Team

Brash Editorial Team

ホリデイ・グレインジャー

TVドラマ『ボルジア家 愛と欲望の教皇一族』のルクレツィア・ボルジア役で注目された英女優のホリデイ・グレインジャー(Holliday Grainger、27)は、ディズニーの実写映画『シンデレラ』や先月から日本でも公開された映画『ザ・ブリザード』などにもメインキャストとして出演、ここのところハリウッドで存在感をめきめき強めている女優のひとりだ。レッドカーペットイベントへの登場もすっかり増えたホリデイだが、有名になりスタイリストも付く身分になってきたことを大いに悦んでいる。

「二年前ぐらいに、こういう時にわたしにスタイリストが付くと誰かが言ったのなら、『冗談言わないでよ』と笑い飛ばしたでしょうね」とホリデイは英版Marie Claire誌に対して微笑んだ。「でも、今年のBAFTA(英国アカデミー賞)の時には、レベッカ・コービン=マレー(Rebecca Corbin-Murray、同じく英女優のリリー・ジェームズ(Lily James)などをクライアントに持つ有力な英スタイリスト)が無料でわたしのために服を準備してくれると申し出てくれて、楽をさせてもらいながらとても素晴らしい恰好が出来たの。文字通り『こんな感じにしたいの』と言うと、他のひとが買い物をわたしの代わりにしてくれるのよ。わたしって、買い物は苦手なの!」

買い物が嫌いなホリデイは、時間つぶしをするしかない時にしかショッピングする気が起こらないようで、服の購入はもっぱら飛行場で搭乗待ちしている時などになるという。

「飛行機に乗る前に、1時間ほど空いたときぐらいにしかショッピングをしないのよ。一時期は、自分の持っている服がほとんど(スペイン発のファストファッションブランドの)「MANGO」で買ったものばかりになっていた時があるわ。その頃マンチェスター空港から飛行機に乗ることが多くて、この空港にある店でわたしが気に入ったのが「MANGO」だけだったのよ。いまはロンドンのヒースロウ空港をよく使っているので、そこに店を出している「ZARA」とか「FAT FACE」の服をよく買うの。「FAT FACE」の水着などはたくさん持っているわ」

(C) Cover Media

※写真と記事は必ずしも関連するとは限りません。