• BRASH TOP >
  • Lifestyle>
  • 顔の「激変」で話題を振りまいたレネー・ゼルウィガー、周囲の騒ぎに無関心!

16.03.31(Thu)

顔の「激変」で話題を振りまいたレネー・ゼルウィガー、周囲の騒ぎに無関心!

Brash Editorial Team

Brash Editorial Team

レネー・ゼルウィガー

 女優のレネー・ゼルウィガー(Renée Zellweger, 46)は、「激変」したルックスに周囲が騒いでもまるで興味がない。

 『ブリジット・ジョーンズの日記』シリーズで知られるレネーは2014年10月、ロサンゼルスであった授賞式に参加。数ヶ月ぶりに公の場で姿を見せた彼女の顔の激変ぶりにメディアは騒然となり、Twitterでも話題となった。

 レネーは当時、過熱するメディアの報道合戦を一笑に付し、まるで別人と言われた容姿についてはライフスタイルをリラックスできるものに変えたためだと主張していた。ここへ来て、自分はSNSを全く使っていないため、ルックスに関して世間が盛り上がっていたのを知らなかったと打ち明けた。

 「それは私の人生の一部じゃないの」とレネーは25日、朝の情報・ニュース番組「トゥデイ」で語った。「これは仕事の一部だし、大勢の人の前に立つ時以外、こうしたことはほとんど経験することもない。家の中にいると、全然知ることもないわ。SNSは一切やっていないから、自分の目には入ってこないの。実体験と言うものを大切にしているからよ」

 レネーは以前、自身のイメージについて反論し、容姿が違って見えるのは以前より幸せな人生を送っているからだと力を込めた。

 「今は以前と違って幸せで、より充実した生活を送っていて、それが顔に出ているみたいで嬉しい」とレネーは米People誌とのインタビューに笑顔で語った。「長いこと、そんなに良い状況になかったの。現実にこなすのは無理なスケジュールを引き受けて、自分の面倒をみる時間を作ってこなかった。調子を整えるために立ち止まるよりも、消耗するまで走り続け、その疲れを隠すために悪い選択をしていた。その混乱の自覚はあって、ようやく別のことをする気になったの」

 「現状を維持できて、日々の生活が送れて、誰かを愛して、新しいことを学んで、クリエイティブに成長して、そして自分らしくなれるよう心がけたの。私は変わったわ。幸せなの」

 年内に公開される『ブリジット・ジョーンズの日記』シリーズ第3作『Bridget Jones’s Baby(原題)』でスクリーンに戻ってくるレネーは、カントリー歌手ケニー・チェズニー(Kenny Chesney)との結婚からわずか数ヶ月で離婚。現在はギタリストのドイル・ブラムホール(Doyle Bramhall)と交際しており、レネーは以前、人生で前向きになれたのはドイルのおかげだと語っていた。

(C) Cover Media

※写真と記事は必ずしも関連するとは限りません。