• BRASH TOP >
  • Lifestyle>
  • ポール・スミス、カラフルにコーディネイトするのが一番楽しい!

16.04.19(Tue)

ポール・スミス、カラフルにコーディネイトするのが一番楽しい!

Brash Editorial Team

Brash Editorial Team

ポール・スミス

自身の名を冠した人気ファッションラベルを率いる英デザイナーのポール・スミス(Paul Smith、68)といえば、虹のように色を鮮やかに使ったストライプ柄などカラフルな作品が思い浮かぶ。

「ぼくの仕事は、デザインは比較的シンプルだから、色は明るさを足して遊び心で気分をウキウキさせるためのアクセントになるんだ」と、ポールはオンラインショップMatches Fashionのサイト記事において語っている。

そんなポールはもちろん自身の着こなしにおいても、クラシックなスーツには明るい色のタイ、白シャツには色鮮やかなスカーフを配するなど、カラフルなタッチを加えるのを好む。

メンズ・ウィメンズともに、「ポールスミス」といえばスーツなど、伝統的な英国仕立ての良さを生かしたデザインも強みのひとつ。夏のスーツの着こなしのヒントを尋ねられたポールは、やはりここでもコーディネイトにおける色の重要性を強調している。

「スーツの使い道は、もっぱら冠婚葬祭とか面接を受ける時のものという古い考え方があるけれど、いまはもうそうじゃない」と、ポール。

「モダンなスーツの着こなしは、着る方法は自分次第。白のTシャツやポロシャツの上に、ボタン留めしないで羽織るのは、ぼくがスーツを着る時の定番のひとつなんだよ。春夏には、クラッシクなスーツの下に、色鮮やかなシャツやニットウェアでまったくOKさ」と、仕立ての良いスーツをファッションスタイルの中心に置くのは、やはりポールらしい。

「毎日スーツだよ。仕事では様々な用事をこなすからね。9時に学生たちに講義、10時に建築設計士と打ち合わせ、11時に小売店さんと面談、なんてことはざらだからね。スーツは色々にコーディネイトできるから、一番使い勝手がいいんだ」

(C) Cover Media

※写真と記事は必ずしも関連するとは限りません。