• BRASH TOP >
  • Lifestyle>
  • ウサイン・ボルト、リアーナにデートの申し込みを断られたと告白!

16.04.22(Fri)

ウサイン・ボルト、リアーナにデートの申し込みを断られたと告白!

Brash Editorial Team

Brash Editorial Team

リアーナ

 ジャマイカ出身で人類最速のスプリンター、ウサイン・ボルト(Usain Bolt)が、バルバドス出身の人気R&B歌手リアーナ(Rihanna)に愛を告白したものの、デートの申し込みを断わられたと明かした。

 オリンピックで6個の金メダルを獲得したボルトは2013年、リアーナに「愛している」と伝え、「連絡がほしい」とせがんだ。しかしリアーナは返事をくれず、出会いは実現しなかったとボルトが振り返った。

 「いや、彼女はまったく俺の愛に応えてくれなかった。ゼロだ」とボルトは米芸能情報サイト「TMZ」に語っている。

 リアーナがラッパーのドレイク(Drake)とコラボしたヒット曲「ワーク」のセクシーなビデオに触れ、ボルトはこうつけ加えた。「彼女は仕事(ワーク)、仕事、仕事ばかりに愛情を注いでいるんだろうよ」

 リアーナは最近、カリフォルニア州インディオで開催された野外音楽フェス「コーチェラ・フェスティバル」で俳優のレオナルド・ディカプリオ(Leonardo DiCaprio)と親しそうな様子を激写され、熱愛の噂が再び広まっている。しかしボルトは悲願のアカデミー賞(R)を受賞したレオが恋のライバルに値するとは思っておらず、「俺に勝てるわけがない。俺の方が背が高いし、ハンサムだし、色黒だし、それに人類最高なんだ」と強気の姿勢を見せた。

 今もリアーナと会いたい気持ちはあり、「チーム」に連絡をとらせようとしているものの、ボルトは彼女と出会うチャンスを失ったかもしれない。ボルトは自分に恋人がいると認めている。

 そもそも、2人の出会いを実現させるのは難しく、お互いにこれから数年先まで多忙なスケジュールが詰まっている。

 ボルトは8月のリオ五輪の準備に余念がなく、リアーナは最新アルバム『アンチ』のプロモーションでワールドツアーの真っ最中だ。同アルバムからはすでに大ヒット曲が生まれており、元恋人のドレイクとコラボした「ワーク」は米Billboardのチャート「Hot 100」で9週連続1位を記録。これまでにリアーナが同チャートで首位に立ったのは合計で60週間となった。また、『アンチ』からの最新シングル「ニーデド・ミー」のビデオは米現地時間20日にリリースされた。

(C) Cover Media

※写真と記事は必ずしも関連するとは限りません。