• BRASH TOP >
  • Lifestyle>
  • アナ・デ・アルマス、『ブレードランナー』続編に出演決定!

16.04.25(Mon)

アナ・デ・アルマス、『ブレードランナー』続編に出演決定!

Brash Editorial Team

Brash Editorial Team

アナ・デ・アルマス

 キューバ出身の女優アナ・デ・アルマス(Ana de Armas)が、SF映画の金字塔『ブレードランナー』の続編で主役の1人に抜擢された。

 日本でも6月に公開される『ノック・ノック』に出演しているアナは、豪華スターが競演する待望の続編に出演が決まった。レプリカントハンターのリック・デッカードはハリソン・フォード(Harrison Ford)が再演する。

 制作するアルコン・エンターテイメントは21日、キャスティングの最新ニュースを発表し、声明でアナを次のように絶賛した。「アナは現在、世界で最もエキサイティングで有望な国際的俳優の1人であり、この続編で重要な役を演じてもらうことに興奮しています」

 続編には他にもライアン・ゴズリング(Ryan Gosling)、ロビン・ライト(Robin Wright)、デイヴ・バウティスタ(Dave Bautista)の出演も決まっている。

 アナは『Blade Runner 2(原題)』以外にも話題作が控えている。8月にはトッド・フィリップス(Todd Phillips)監督のアクションコメディ『War Dogs(原題)』と、エドガー・ラミレス(Edgar Ramirez)と競演するボクシングドラマ『Hands of Stone(原題)』が公開される。

 アルコンはアナのキャスティングを発表する前日に、『ブレードランナー』続編の公開日を3ヶ月前倒しにするとも明かした。現時点での公開日は2017年10月6日だ。

 日本でも公開中の『ボーダーライン』のドゥニ・ヴィルヌーヴ(Denis Villeneuve)監督がメガホンをとり、オリジナル版の脚本を書いたハンプトン・ファンチャー(Hampton Fancher)と米ドラマシリーズ「HEROES/ヒーローズ」で知られるマイケル・グリーン(Michael Green)と共同で脚本を手がけている。脚本はハンプトンが1982年のオリジナル版で監督を務めたリドリー・スコット(Ridley Scott)と一緒に考案したアイディアをベースにしており、スコット監督はエグゼクティブ・プロデューサーとして続編に参加する。

 スコット監督は先日、『Blade Runner 2 』のオープニングシーンの詳細についてMtimeのトッド・ギルクライスト(Todd Gilchrist)記者に明かしたことがある。

 「(1982年版)オリジナルのスタートをベースに映画を始めると決めている。ディストピア世界という設定は以前からとても気に入っていたし、『工場農場』と呼ぶ、農耕のための平らな大地で映画は始まる」とスコット監督は話している。

(C) Cover Media

※写真と記事は必ずしも関連するとは限りません。