• BRASH TOP >
  • Lifestyle>
  • 「ゲーム・オブ・スローンズ」のキャスト仲間、舞台に挑戦したキット・ハリントンを観客席からサポート!

16.04.28(Thu)

「ゲーム・オブ・スローンズ」のキャスト仲間、舞台に挑戦したキット・ハリントンを観客席からサポート!

Brash Editorial Team

Brash Editorial Team

ローズ・レスリー&キット・ハリントン

 人気ドラマ「ゲーム・オブ・スローンズ」の出演者らが、キット・ハリントン(Kit Harington, 29)主演の舞台「フォースタス博士」の初日に駆けつけ、キャスト仲間の初陣を祝った。

 25日にロンドンのヨーク公劇場で開幕し、メフィストフェレスと契約を交わすフォースタス博士を描いた英劇作家クリストファー・マーロウ(Christopher Marlowe)の戯曲を原作とした同作では、キット演じるフォースタスが血を流し、ほぼ全裸になるシーンもある。

 キットと交際中で「ゲーム・オブ・スローンズ」にも出演していた女優のローズ・レスリー(Rose Leslie)は観客席で恋人をサポート。他にもアルフィー・アレン(Alfie Allen, 29)、ジェマ・ウィーラン(Gemma Whelan, 35)、ナタリー・ドーマー(Natalie Dormer, 34)らの姿もあった。

 キットとローズはロンドンのカッコウ・クラブであった開幕初日を祝うアフターパーティーで仲睦まじい姿をパパラッチされた。

 2人には他にも祝う理由があった。「ゲーム・オブ・スローンズ」は25日、イギリスで華々しくシーズン6の放映をスタートした。しかしキット演じるジョン・スノウはシーズン5のフィナーレで殺され、その死体が引きずられていったため、キットにとってはシリーズが終了している。

 「後で第1話を見返すつもりだけど、放映されたことはあまり気にしていないんだ」とキットは英Evening Standard紙とのインタビューでシーズン6の第1話について語った。「共演した友だちも何人か来てくれたけど、今は全然気持ちが向いていない」

 大勢のセレブでにぎわったアフターパーティーはさておき、マーロウが16世紀に発表した戯曲の現代的な演出は賛否両論だった。

 英The Times紙の演劇批評家アン・トレネマン(Ann Treneman)は、「かなりやり過ぎな面もあるが、どちらかと言えば好きだった言わざるを得ない」と好評価を与えた。

 しかし他の新聞の評価は称賛からほど遠いものだった。The Guardian紙とThe Telegraph紙は5点満点のうち2点を与え、The Telegraphの演劇批評家ドミニク・カヴェンディッシュ(Dominic Cavendish)は作品を「全くもって理解に苦しむ」と表現している。

 しかしキットが批判で気落ちする様子はない。

 「非凡で奇妙に思える作品をやりたいと思っていて、成功するしないに関係なく、少なくとも何か違うことに挑戦している作品なら出たい」とキットは語った。

 「フォースタス博士」は6月25日までヨーク公劇場で上演される。

(C) Cover Media

※写真と記事は必ずしも関連するとは限りません。