• BRASH TOP >
  • Lifestyle>
  • アマル・クルーニー、大統領選の指名争いで勢いづくドナルド・トランプ氏を批判!

16.04.28(Thu)

アマル・クルーニー、大統領選の指名争いで勢いづくドナルド・トランプ氏を批判!

Brash Editorial Team

Brash Editorial Team

アマル・クルーニー

 米俳優ジョージ・クルーニー(George Clooney)の妻で英人権派弁護士のアマル(Amal, 38)が、米大統領選の候補者指名を争っているドナルド・トランプ(Donald Trump)氏が嫌いだと明言した。

 英BBCとの新インタビューで、アマルはリアリティ番組で人気を博した不動産王のトランプ氏が政界で成功を収めていることに「当惑」していると認めた。

 トランプ氏はホワイトハウスの主を選ぶため年内に行われる大統領選を前に、共和党の指名争いで快進撃を続けているが、アマルにはトランプ氏がこれほど勢いを保っていることが信じられないようだ。

 しかしアマルは、夫ジョージが次の大統領として支持するヒラリー・クリントン(Hillary Clinton)氏が民主党の候補者指名を獲得すれば、トランプ氏は彼女には絶対に勝てないと確信している。トランプ氏の移民や女性問題、外交政策は大多数の米国民に支持されていないと考えているからだ。

 「もし最終的に、彼が初の女性大統領になる人に負けたなら、こうしたものの見方がどう受け止められているのかという有権者からの肯定的なメッセージを改めて突きつけられることになると思う」とアマルは語っている。「それはアメリカの価値観ではないわ」

 クルーニー夫妻は今月、ロサンゼルスの自宅に大勢のスター仲間を招き、クリントン氏のために寄付金集めパーティーを開いた。アマルはトランプ氏が大統領の器ではないことに国民が気づくには、TVで彼を見るだけで十分だと力を込めた。

 「国内では、彼の女性差別的な発言を集めたテレビ広告が流れていて、それを見ればきっと『大変だ』と思うはず。彼の評判は本当に悪い。その結果、女性からの得票はあまりないと思う」

 両親がイスラム教徒のアマルは、トランプ氏の宗教観についても反論している。

 「壁を作ったり、メキシコ人を排除したり、全てのイスラム教徒の入国を拒否したりという共和党の有力候補の発言に耳を傾けて、特にイスラム教徒に関する悪名高いスピーチで彼が何と言ったかに注意すれば、『彼らが求めるのはジハード(聖戦)だけだ。アメリカ的な人生を信じていない。我々のシステムを尊重していない』と何度も繰り返しているのが分かる」

 「そして彼が『彼ら』という言葉を使う時、後でメディアの報道を見返して、『その説明に当てはまる世界中の15億人のこと? その大半がどう考えても非暴力的で過激派ではない米国人や米軍のメンバーのこと?』と誰もが考えてみるべきだわ」

(C) Cover Media

※写真と記事は必ずしも関連するとは限りません。