• BRASH TOP >
  • Lifestyle>
  • イライジャ・ウッド、ハリウッドの幼児性的虐待発言はねじ曲げられたと反論!

16.05.26(Thu)

イライジャ・ウッド、ハリウッドの幼児性的虐待発言はねじ曲げられたと反論!

Brash Editorial Team

Brash Editorial Team

イライジャ・ウッド

 『ロード・オブ・ザ・リング』シリーズで知られる俳優のイライジャ・ウッド(Elijah Wood)が、英Sunday Times紙とのインタビューでの発言がねじ曲げられ、ハリウッドにおける幼児性的虐待の状況についてのコメントに仕立てられたとして不快感をあらわにした。

 各メディアも同紙のインタビューを取り上げ、ハリウッドが未成年者を食い物にする病んだ業界幹部やプロデューサーでいっぱいだとイライジャがほのめかしたと一斉に報じた。

 自身も子役スターとして活躍していたイライジャは、記事の中でこう発言している。

 「ハリウッドで大きな問題が起きているのは明らかだよ。すべては組織化されている。この業界には悪意のある人たちがたくさんいて、自分の利益しか考えていない」

 「業界は暗部を抱えている」とイライジャは続けたとされる。「そうだと疑われる場合は、恐らく実際に起きたんだと思う」

 しかしイライジャは23日、反論に転じ、米Hollywood Reporter誌で事実関係を明らかにした。

 「Sunday Timesとのインタビューでは最新作について聞かれたのに、話がまったく別のことにすり替えられたんだ」

 「おかげでメディアにはたくさんの誤報や誤解を招くヘッドラインがあふれた。つい最近、力強いドキュメンタリーを観て、記者にそのことについて短く語ったけれど、意図もしていないし、予想もしていない結果になってしまったんだ」

 「はっきり言わせてほしい。児童虐待の問題は大事だし、議論され、きちんと捜査するべきだよ。でも記者にはっきりと言っておいたように、僕はこの問題を直接経験したことも、直接見たこともないし、記事で読んだり、映画で観たりした以上のことをもっともらしく語ることはできないんだ」

 またイライジャは、子役スターを食い物にする「腹黒い連中」についてのコメントは、エイミー・J・バーグ(Amy J. Berg)監督による2014年の映画『An Open Secret(原題)』で観たり聞いたりしたことを主に根拠としているとも力説した。

(C) Cover Media

※写真と記事は必ずしも関連するとは限りません。