• BRASH TOP >
  • Lifestyle>
  • サボり癖があるテイラー・ヒル、ワークアウトする時は監視してくれるトレーナーの存在が不可欠!

16.06.06(Mon)

サボり癖があるテイラー・ヒル、ワークアウトする時は監視してくれるトレーナーの存在が不可欠!

Brash Editorial Team

Brash Editorial Team

テイラー・ヒル

15年にランジェリーの人気ブランド「ヴィクトリア・シークレット(Victoria’s Secret)」の“エンジェル”に選ばれたテイラー・ヒル(Taylor Hill, 20)が、トレーナーの指導を受けてワークアウトしているのは手抜きを防止するためだと明かした。“エンジェル”に抜擢されてから知名度が急上昇中のテイラーは、しっかり筋肉のついたボディになることを目指してワークアウトを強化しているという。「以前はウェイトトレーニングとかリフティングをよくやっていたわ。しんどいところが気に入っていたけれど、自分が望んでいた結果が出ていないってことに気づいてしまったの。私みたいに背が高いと、ひどい味のプロテイン・シェイクとかを飲まないと筋肉がつかないみたい。トレーニングをしても筋肉がつかないから、がっかりしちゃったわ」と、テイラーは美容情報のサイトBrydieのインタビューで話している。「私は何かにつけてズルをしちゃうタイプなの。先生には言わないで欲しいんだけれど、テストの時もズルをしたし、ワークアウトでも手抜きをしているわ。それに、食べたい物を食べているしね。だから、私がちゃんとトレーニングしているかどうか見張ってくれる人が必要だったの。今は1時間でもヒマができたら、きちんとトレーニングしているわ」。

2ポンド(約900グラム)のウェイト2個とグライディングディスクを使ったワークアウトで筋肉増強に励んでいるテイラーは、筋トレの最中に「ぶるぶる震えてしまう」こともあるという。

身長5フィート9インチ(約175cm)のテイラーは、背の高さゆえにいじめられたこともある。モデルになる前は自分に自信をもつことができなかったテイラーだが、14年にヴィクトリア・シークレットのショーに抜擢されてから自分を受け入れられるようになったという。「以前の私は、自分にまったく自信が持てなかったの。でも、モデルになってから考え方が変わったわ。特にヴィクトリア・シークレットのモデルに選ばれてからは、自分自身に対する評価がすっかり変わったわね」と、テイラーは明かしている。「ヴィクトリア・シークレットのモデルになったことで、新たな観点をもてるようになったわ。どんな外見や体型でも、美しいんだって思えるようになったの。私はカーヴィーな体型じゃないから、カーヴィーな女性のことを羨ましいと思っていた。隣の芝生は青く見えるものだけれど、そういう感情とちゃんと折り合いをつけなくちゃならないのよね」。

(C) Cover Media

※写真と記事は必ずしも関連するとは限りません。