• BRASH TOP >
  • Lifestyle>
  • ニック・キャノン、元妻マライア・キャリーとの離婚書類にサインを拒否?

16.06.07(Tue)

ニック・キャノン、元妻マライア・キャリーとの離婚書類にサインを拒否?

Brash Editorial Team

Brash Editorial Team

ニック・キャノン

 タレントのニック・キャノン(Nick Cannon)が、元妻で人気歌手のマライア・キャリー(Mariah Carey, 46)との離婚を成立させることを拒否しているらしい。

 ニックとマライアは2014年、結婚から6年で別居した。マライアはその後、豪億万長者のジェームズ・パッカー(James Packer)との交際をスタートし、ジェームズは今年に入ってからプロポーズした。

 離婚手続き中とはいえ、マライアとニックは友好的な関係を保ち、特別な日には双子のモロッカン(Moroccan, 5)君とモンロー(Monroe)ちゃんと一緒に外出している。しかし米芸能情報サイト「TMZ」によると、音楽オーディション番組「アメリカズ・ゴット・タレント」の司会も務めるニックは、マライアとの離婚を成立させる書類へのサインを先送りにしているという。2014年12月に離婚申請を提出したのはニック自身だった。元夫妻は同月に資産分配の合意に達し、子どもたちの共同親権の条件についてもスムーズに交渉を進めた。

 マライアは約1年前からニックに署名させようとしてきたが、複数の事情通によると、まだ結婚を終わらせたくないニックはペンを取ることを拒んでいるという。

 ニックの広報担当者は報道についてコメントしていないが、年内にジェームズとの結婚を控えるマライアはニックのちゅうちょにイラ立ちをつのらせているようだ。ジェームズは1月、プライベートディナーパーティーの最中にマライアの親友や家族の目の前でプロポーズした。

 マライアとジェームズは2015年6月から交際しており、昨年の夏のほとんどは彼の豪華ヨットでヨーロッパと中東をめぐるクルーズを楽しんだ。

 ジェームズはマライアにとって3人目の夫となる。最初の夫はコロムビア・レコードの幹部トミー・モトーラ(Tommy Mottola)だった。一方、ジェームズも2013年にモデルで歌手のエリカ・バクスター(Erica Baxter)と離婚している。

 ニックには苦境が続いている。5月には父を失って以降は悲しみに沈んでいる。

(C) Cover Media

※写真と記事は必ずしも関連するとは限りません。