• BRASH TOP >
  • Lifestyle>
  • ヴィクトリア・ベッカム、息子ブルクッリンとGFクロエ・グレース・モレッツに、互いの名前を身体にタトゥーすることにダメ出し!

16.06.08(Wed)

ヴィクトリア・ベッカム、息子ブルクッリンとGFクロエ・グレース・モレッツに、互いの名前を身体にタトゥーすることにダメ出し!

Brash Editorial Team

Brash Editorial Team

デヴィッド&ヴィクトリア・ベッカム

ヴィクトリア&デヴィッド・ベッカム(Victoria &David Beckham)夫婦の長男で17歳になるブルックリン(Brooklyn)は、女優のクロエ・グレース・モレッツ(Chloe Grace Moretz、19)との交際が明らかになってからは、マスコミにさらに追いかけられるようになり、ますます注目の的になっている。

そのクロエは、ボディアートの大ファンで、最近もセレブ御用達タトゥーアーティストであるジョン・ボーイ(Jon Boy)の手により、自分の祖母の名前をまた新たに身体に彫ってもらったばかり。クロエが、そのタトゥーをしてもらう際には、BFのブルックリンも同席して見学していたという。この事実を知ったブルクッリンの母ヴィクトリアとしては、自分の意見をふたりに知ってもらう必要があると判断したようだ。

「クロエとブルックリンが、お互いの名前をタトゥーとしてそれぞれの身体に彫ってもらうことを検討していると、ヴィクトリアの耳には前から噂が入っているんです。すでにクロエは、大親友のミュージシャンであるキャサリン・ギャラガー(Kathryn Gallagher)との間で互いの名前を彫り合っていますからね。そこで、ヴィクトリアとしては、クロエがまたタトゥーを増やしたと聞いて、クロエにちょっと意見する必要を感じたようです」と、一家に近い情報筋がHeat誌に対して語っている。

「ヴィクトリアは、クロエのことは息子のGFとして大いに気に入っているのですが、ふたりの仲の進み具合が少しばかりペースが早すぎるとは危惧しているようです。まして、互いの名前のタトゥーを彫るのは、いくらなんでも時期尚早だろうと思っていますね。そこでヴィクトリアは、クロエに対してブルックリンにタトゥーを勧めないように伝えて、タトゥーパーラーにも一緒に行かないように釘を刺しました」

ブルックリンの父デヴィッドも、腕、胸、背中に数多くのタトゥーを彫っており、ヴィクトリア自身も以前はいくつかタトゥーを身体に彫っていた。もっとも、ヴィクトリアのほうは、後になってタトゥーが恥ずかしくなったのか、レーザー手術でそれらのタトゥーを除去していると伝えられている。デヴィッドのほうは、ブルックリンがタトゥーを入れることに異議を唱える気はまったくないものの、ヴィクトリアは息子に対して少なくとも18歳になるまではタトゥーは彫るなと申し伝えてあるとそうだ。

「クロエは、ヴィクトリアの機嫌を損ねるようなことは決してしない子なので、互いの名前をタトゥーで彫り合う件は、もうブルックリンとはしないと約束しましたよ」と、この情報筋はつけ加えている。

(C) Cover Media

※写真と記事は必ずしも関連するとは限りません。