• BRASH TOP >
  • Lifestyle>
  • 大人ニキビに悩むケイト・ボスワース、それでもチーズバーガーはやめられない?!

16.06.09(Thu)

大人ニキビに悩むケイト・ボスワース、それでもチーズバーガーはやめられない?!

Brash Editorial Team

Brash Editorial Team

ケイト・ボスワース

ファッション・アイコンとしても人気を集めている女優ケイト・ボスワース(Kate Bosworth)が、33歳になった現在もニキビに悩まされていることを明かした。ケイトはニキビを防止するために、「アクゾーン(Aczone)」という塗り薬を使っているという。「アクゾーンはニキビを予防するための薬で、効果が出るまでに12週間かかるのよ。ドラッグストアでよく見かけているニキビ治療薬とは違うの。ニキビを治すための薬じゃなくて、ニキビができないようにする薬だから」と、ケイトはElle.comのインタビューで話している。

食生活に配慮しているのにニキビができてしまうというケイトは、大人ニキビの原因として「旅行や睡眠リズムの乱れ、ホルモン」を挙げている。「私は精製した砂糖とかアルコールを摂取するとニキビができちゃうの。ロンドンに住んでいる知り合いの昆虫学者に聞いたんだけれど、糖分は顔の分泌腺に何らかの影響を与えるらしいわ」と、ケイトは説明している。「ワインを飲む時は『飲んだらシワができるかも』って思っちゃうけれど、だからといってワインやウォッカ、テキーラを飲まないわけじゃないのよ」。

肌によくないと知りながらも時にはお気に入りの店でチーズバーガーを食べてしまうケイトだが、映画やテレビの撮影期間中は食事を制限することにしているという。「仕事をしている時は、体を大事にすることにしているわ。仕事中は夜遊びもしないし、こってりしたお肉を食べたりもしない。そんなことをしたら、朝早く起きられなくなってしまうから。22歳の時はそういうこともしていたけれど、33歳になった今はもう無理ね。でも、仕事中も週末にファイブ・ガイズ(ハンバーガー・ショップ)に行ったりするわよ」と、ケイトは話している。「私はファイブ・ガイズが大好き。お気に入りはシェイク・シャックだけれど、ロケ地の近くにあるのはファイブ・ガイズなの。あの店でハンバーガーを食べる時は、罪悪感なんて忘れて全部食べなくちゃね」。

(C) Cover Media

※写真と記事は必ずしも関連するとは限りません。