• BRASH TOP >
  • Lifestyle>
  • セルマ・ブレア、シングルマザーでいることは大きな挑戦!

16.06.16(Thu)

セルマ・ブレア、シングルマザーでいることは大きな挑戦!

Brash Editorial Team

Brash Editorial Team

セルマ・ブレア

女優セルマ・ブレア(Selma Blair)が、元彼でファッションデザイナーのジェイソン・ブリーク(Jason Bleick)と一児をもうけたのは5年前。二人はその1年後に破局を迎え、それ以来、ブレアは息子アーサー・セイント(Arthur Saint)の子育てに没頭している。

「シングルマザーでいることは、まず第一にとても大きな挑戦だということね」と、彼女はPeopleマガジンとのインタビューで認めている。「ただ、すごくたくさんの時間を彼だけと過ごし、たった二人だけでいるということは、私にとって人生を変えてしまうようなすばらしい経験になっているわ」

息子を生んだ時、ブレアは39歳だった。初産としては高齢であったことは明らかであり、彼女もそのことは認めているが、他の方法や状況は考えもつかないし、あり得ないとも言っている。

「人生をここまで歩んできて、気が付いたことは、いいときばかりじゃないということ。睡眠時間はもう少し欲しいけれど、今の暮らしのひと時、ひと時を受け入れ、感謝している」

現在43歳であるブレアは出来る限りの時間を息子アーサーと過ごし、それを楽しんでいるのだという。特に、彼の個性が輝きを放ち始めた昨今は格別なのだそうだ。

「最近、彼の言葉が辛辣なの。辛辣な言葉や皮肉は良くないことで、他の人に聞かせたくはないわ。でも、私自身が辛辣なことをたくさん言ってしまう性格だから、彼が私の息子でよかったな、とは思う。それに彼は、とても分かっているのよ。私にハグやキスをたくさんしてくれて、ママが長生きするといいな、なんて言ってくれるの。私が年を取っていると思っているのね。それが寝る前の新しい彼のルーティンで、まず私たち二人でお祈りをして、でアーサーが『歳を取っているけれど、ママが長生きしてくれますように』、なんて言うのよ」

ただし、この二人の間だけで通じるユーモアのセンスも、息子をしつけようとしているブレアにとっては少々厄介なものになっているようである。

「アーサーが何かひどいことをして、でもこれが笑えてしまったりすると大変なの。だいたいは私に向けられたことでしょ。私も笑ってしまったりするのよ、でもそこで、『だめだめ、このまんまじゃアーサーを世間に出せない。他人に対して、こんなことをするような人間のままではダメだって気が付くの。自分は彼のやることの避雷針でしかない。だから、心を鬼にしてダメだって言うのね。しつけという意味では強く彼にあたっていると思う。心が痛むわよ、でも、それが一番いい、そうしなくちゃいけないと思っているの」と、ブレアは締めくくっている。

(C) Cover Media

※写真と記事は必ずしも関連するとは限りません。