• BRASH TOP >
  • Lifestyle>
  • ブレイク・ライブリー、妊娠中に新作映画の水中スタントを敢行!

16.06.16(Thu)

ブレイク・ライブリー、妊娠中に新作映画の水中スタントを敢行!

Brash Editorial Team

Brash Editorial Team

ブレイク・ライブリー

 女優のブレイク・ライブリー(Blake Lively, 28)は、第2子を妊娠中にもかかわらず、最新作『ロスト・バケーション』の水中スタントシーンの多くを自らこなしていた。

 ブレイクは同スリラー映画で秘境のビーチでホオジロザメに襲われ、命の危険にさらされるサーファーを演じている。しかし妊娠中だからといって、本気のアクションシーンをスタントに任せることはしなかった。

 「制作チームは撮影の最後の2週間になるまで、代役を雇わなかったの」とブレイクはエンターテイメント情報サイト「ET Online」とのインタビューで打ち明けた。「スタントがたくさんあるシーンの撮影がない日はまったくなかったのに」

 『ロスト・バケーション』の撮影は昨年11月にスタート。ブレイクは今年4月12日に追加撮影にのぞむ姿を激写された。その2日後に第2子の妊娠を発表している。

 役者魂を発揮したブレイクだが、妊娠中に撮影した追加シーンは初期に撮影したものよりも身体的にきついものではなかったにせよ、アクションシーンの撮影は楽な仕事ではないとも説明している。

 「水中シーンの撮影では、4.5フィート(約1.4メートル)の波の中にいたの」とブレイクは明かした。「水中タンクだろうと、実際の海だろうと、海岸からは300ヤード(約274メートル)離れていた。スタッフに3立方フィートの岩の上に下ろされて撮影したわ」

 またブレイクは、この岩が物語で大事な役割を担っているとも語った。小さな岩とはいえ、演じるキャラクターと襲いかかるホオジロザメを隔てる唯一のもので、スリリングなストーリーの成立に欠かせないからだ。

 「大自然の中で、大きく、とてつもない、堂々とした野生動物の世界にいるの」とブレイクは話している。「もしウェットスーツを着ているなら、動物の目にしてみればアシカにしか見えないわ」

 『ロスト・バケーション』は日本でも7月23日に公開される。

(C) Cover Media

※写真と記事は必ずしも関連するとは限りません。