• BRASH TOP >
  • Lifestyle>
  • セレブを狙うTwitterハッキング事件でロザリオ・ドーソンも被害に!

16.06.22(Wed)

セレブを狙うTwitterハッキング事件でロザリオ・ドーソンも被害に!

Brash Editorial Team

Brash Editorial Team

ロザリオ・ドーソン

 『シン・シティ』などで知られる女優のロザリオ・ドーソン(Rosario Dawson)が20日、セレブのTwitterをハッキングする事件で新たな被害者となった。

 ロザリオのアカウントは女性ユーザーによって乗っ取られた。プロフィール欄の名前はミンダ・ジャンコウスキに変えられ、写真はベッドに横たわり、指を口に入れている女性のものに差し替えられた。またハッカーは下着姿で前かがみになった女性のお尻のクロースアップというショッキングな写真も投稿。さらに別の女性がベッドの上で上着をめくり、Tバックのお尻を見せている写真も公開した。

 さらにハッカーはロザリオのページのトップに「あなたの写真を送ったら私のを送るわ。ここからアップロードして」というツイートを表示させ、アダルトサイトへのリンクを貼りつけた。プロフィールの紹介欄も改ざんされ、56万9,000人のフォロワーに「私をウェブカメラで見る」方法へのリンクをさらした。

 ここ数週間のうちに、人気歌手のケイティ・ペリー(Katy Perry)やラナ・デル・レイ(Lana Del Rey)、ファイヴ・セカンズ・オブ・サマー(5 Seconds of Summer)、モデルのカイリー・ジェンナー(Kylie Jenner)らもハッキングの被害に遭っている。ケイティのアカウントはルーマニアを拠点とする「Sw4ylol」というハッカーに乗っ取られ、ひわいで意味不明なツイートを連発し、「Witness 1.3」という未発表の曲をファイル共有サービス「SoundCloud」を通じてネット上に流出させた。さらに「@taylorswift13、会えなくてさみしい」というツイートも発信し、いわゆる人気歌手のテイラー・スウィフト(Taylor Swift)との確執もジョークのネタにされていた。

 カイリーのプロフィール欄に侵入したのも同じ犯人だとみられており、「才能もないのに有名になるのって最高」や「(ラッパーで元恋人の)タイガ(Tyga)とのセックスビデオはひどいものだわ」といったツイートが連投された。カイリーはその後、Snapchatで公開した動画でセックスビデオに関する事実関係をはっきりさせた。

 「うーん、Twitterがハッキングされたわ」とカイリー。「でもどうでもいい。楽しんでいればいいわ。『セックスビデオを流出させる』ことがみんな大好きみたいね! みんな、私のセックスビデオを見るチャンスは絶対にないわよ」

(C) Cover Media

※写真と記事は必ずしも関連するとは限りません。