• BRASH TOP >
  • Lifestyle>
  • アンニャ・ルービック、モデル仲間のカロリナ・クルコヴァに服の整理整頓のヒントをもらう!

16.06.25(Sat)

アンニャ・ルービック、モデル仲間のカロリナ・クルコヴァに服の整理整頓のヒントをもらう!

Brash Editorial Team

Brash Editorial Team

2012メットガラで「Anthony Vaccarello」のドレスを着たアンニャ・ルービック

ポーランド出身人気ファッションモデルのアンニャ・ルービック(Anja Rubik、33)は大胆なファッション選択に怯まないことで知られ、レッドカーペットのようなイベントを“本当の意味でリスクが取れる”機会と言ってはばからない。

そんなアンニャにとっての思い出のピースは、周囲とは一線を画し、ひとの目を見張らせた懐かしい一品だそうだ。

「わたしのワードローブの中で一番の宝物は、実はまったく機能的でない白のドレス。4年前のメットガラの折に、アンソニー・ヴァカレロ(Anthony Vaccarello)がデザインしてくれたもの」と、通販サイトNet-a-PorterのウェブマガジンThe Editに対してアンニャは微笑みながら打ち明けた。

「その時以来着ていないし、もう2度と着ることも多分ないけれど、すごく愛情をこめて大事にしている。とても挑発的で、とてもセクシーで、他にはどこにもない逸品なの。たくさんのひとから、かなり多くの金額と引き換えに譲ってくれと言われたけれど、決して売ったりしないわ」

自分の着る服が、自分という個性と自分の感情の表現だと考えるアンニャは、ニューヨークの伝説的写真家ビル・カニンガム(Bill Cunningham)の有名な言葉「衣服とは、日々の日常という退屈に立ち向かうために纏う装甲である」を心の中で大事にしているという。

とは言え、アンニャは、あれこれ迷って何を着るかを決めるのに日々時間をかけるほうでなく、そのためにアンサンブルがしやすい服を多く揃えるようにしているとのこと。しかし、そのおかげで自宅のゲストルームが第二の衣装部屋と化して整理整頓しないとエライことになるそうではある。

「モデル仲間のカロリナ・クルコヴァ(Karolina Kurkova)と最近話していたら、彼女がTシャツならTシャツ同士、白シャツなら白シャツ同士でまとめて置くと良いと言うのよ。何と馬鹿げた考えだと思ったけれど、家に帰ってカロリナの言う通りにやってみたら、それが確かに機能的なのよ!」

服の他に、アンニャが特に気をかけるアイテムとなると靴だ。この先自分が履くことは恐らくないと思うものも含めて、アンニャは数百足も揃えているのだとか。

「モデルに成りたての最初の頃の仕事は、靴の広告からだったの。わたしは足が長いからね。その頃のおかげで、靴ひとつで衣装全体の感じがいかに変わるとか、靴の重要性が身に染みているのよ」

(C) Cover Media

※写真と記事は必ずしも関連するとは限りません。