• BRASH TOP >
  • Lifestyle>
  • ケイティ・ペリー、テイラー・スウィフトら有名人133人が銃規制を求める公開書簡を提出!

16.06.25(Sat)

ケイティ・ペリー、テイラー・スウィフトら有名人133人が銃規制を求める公開書簡を提出!

Brash Editorial Team

Brash Editorial Team

テイラー・スウィフト

 人気歌手のテイラー・スウィフト(Taylor Swift)やケイティ・ペリー(Katy Perry)ら有名スター133人が新しく公開書簡に署名し、銃による暴力への関心を呼びかけている。

 米Billboard誌は20日に米上院が4本の新しい銃規制法案を否決したことを受け、書簡の作成に動いた。書簡は22日に発売された同誌最新号の表紙を飾り、「有力なアーティスト、そして音楽業界の指導的立場にある者として、私たちはアメリカに変化を求めるコーラスに声をつけ足したい」と書かれている。

 このキャンペーンをサポートしている133人の役者や音楽界のスター、57人の業界の大物らの名前は同誌の表紙と裏表紙にも載せられており、アダム・ランバートやアリシア・キーズ、バーブラ・ストライサンド、ベック、ビリー・ジョエル、ボニー・レイット、カルヴィン・ハリス、キャロル・キング、シェール、エレン・デジェネレス、エルヴィス・コステロ、ジェームズ・コーデン、ジェニファー・ロペス、ケイティ・ペリー、リー・ダニエルズ、リン= マヌエル・ミランダ、メーガン・トレイナー、ポール・マッカートニー、リンゴ・スター、セレーナ・ゴメス、トニー・ベネット、ヨーコ・オノ、ゼイン・マリクらの名前もある。

 長文の書簡には次のように書かれている。「音楽は常にダンスフロアやコンサートホールで共同で祝福されてきました。しかし、人生を肯定するこの儀式は今、学校で学んだり、教会に行ったり、仕事したりという日々の多くの経験と同じように、危険にさらされています。それはこの国の銃による暴力のためです」

 「先日オーランドで起きた複数の悲劇を結びつけるものに、危険人物があまりにもたやすく銃器を手に入れられることが挙げられます」

 ここで言及されたフロリダ州オーランドの悲劇とは、ナイトクラブ「パルス」でオマール・マティーン(Omar Mateen)が起こした銃乱射事件と、ファンとの交流中にジェームズ・ロイブル(Kevin James Loibl)に撃たれた歌手のクリスティーナ・グリミー(Christina Grimmie)さん射殺事件を指している。

 公開書簡は連邦議会が全米で銃による暴力を防ぐためにもっとすべきことを列挙しており、「銃器の売買のたびに身元調査を行うこと」や「テロリストの疑いのある人物が合法的に銃器を買うことを違法とする」ことを求めている。

(C) Cover Media

※写真と記事は必ずしも関連するとは限りません。