• BRASH TOP >
  • Lifestyle>
  • 子育てと仕事で忙しいジェニファー・ハドソン、重宝しているのは「着る場面を選ばず着回せる服」!

16.08.02(Tue)

子育てと仕事で忙しいジェニファー・ハドソン、重宝しているのは「着る場面を選ばず着回せる服」!

Brash Editorial Team

Brash Editorial Team

ジェニファー・ハドソン

映画『ドリームガールズ』でブレイクした米女優ジェニファー・ハドソン(Jennifer Hudson, 34)が、服を選ぶ時に重視しているポイントを明かした。4枚目となるスタジオ録音アルバムの制作と、12月に放映予定の「Hairspray Live!」への出演が決まっているジェニファーは、仕事と子育てに追われる忙しい毎日を送っている。ママとして用事を済ませる時も仕事に行く時も違和感なく着られるように、ジェニファーはどんな場面にも対応できる服を選ぶことにしているという。「私には子どもがいるし仕事もしているから、日中はやらなくちゃいけないことが山ほどあるの。だから、いつどこに着て行っても大丈夫な服をそろえることにしているわ。私はワーキング・ウーマンだから、着心地も見栄えもいい服が必要なのよ」と、ジェニファーは米WWD紙のインタビューで話している。

人気者のジェニファーは、1年前にニューヨーク&カンパニー(New York & Company)とのコラボ・コレクション「ジェニファー・ハドソン・フォー・ソーホー・ジーンズ(Jennifer Hudson for Soho Jeans)」を発表。エアコンに弱くて風邪をひきやすい彼女は、夏場もデニムを愛用しているという。「夏はどこに行ってもエアコンが効いているから、私はしょっちゅう風邪をひいてしまうの。デニムは冷えから体を守ってくれるけれど、その一方で夏場でも涼しくはいていられるアイテムなのよ」と、ジェニファーは話している。

モダンなデザインのブーツカットやスキニージーンズなどを取りそろえたコレクションのなかで、ジェニファー自身が一番気に入っているのは、彼女のイニシャルを刺繍したエンブレムをほどこしたデニムのジャケットなのだという。「私はブローチが大好きなんだけれど、エンブレムって若い人向けのブローチだと思うの。ブローチもエンブレムも、工夫次第でいろいろな使い方ができるアイテムだから」と、ジェニファーはコメントしている。

(C) Cover Media

※写真と記事は必ずしも関連するとは限りません。