• BRASH TOP >
  • Lifestyle>
  • R&B歌手のティナーシェ、カルヴィン・ハリスとの熱愛報道を否定

16.08.09(Tue)

R&B歌手のティナーシェ、カルヴィン・ハリスとの熱愛報道を否定

Brash Editorial Team

Brash Editorial Team

ティナーシェ

 米R&B歌手のティナーシェ(Tinashe, 23)が、スコットランド出身のDJカルヴィン・ハリス(Calvin Harris)との熱愛報道を否定し、自分は「間違いなくフリー」と断言した。

 ティナーシェは2014年、ヒット曲「ダラー・サイン」でコラボした際にカルヴィンと出会った。しかし2人は7月、ロサンゼルス市内で恋人同士のような雰囲気で外出するところを繰り返し目撃されたため、仕事上の関係がそれ以上のものに発展したと報じられた。

 お互いにネット上では熱愛報道についてコメントしていなかったが、ティナーシェは6日、カルヴィンが定期的に公演しているラスベガスのナイトクラブ「イントリーグ」でのパフォーマンスの前に応じたインタビューで噂の火消しを試みた。

 米エンターテイメント情報番組「E! News」とのインタビューでカルヴィンとの交際の可能性について質問されたティナーシェは、「私は今もフリーだし、今のところはお互いにそういう状況なの」と答えた。

 しかし彼女は報道を完全には否定せず、カルヴィンからラスベガスでのパフォーマンスについてちょっとしたアドバイスを受けたと明かした。

 「彼に言われたのは、当たり前だけど『とにかく出演するんだ』ということくらいだわ」とティナーシェは振り返った。「ベガスでは毎晩違う観客が来るから、何を期待すればいいのか分からない。ノリのいい人たちが来てくれたらと思うだけよ。遠くから来てくれるファンもいるから楽しみにしているわ」

 一方、カルヴィンも同じくラスベガスでシーザーズ・パレス50周年記念ガラパーティーに出席していた。司会のホーウィー・マンデル(Howie Mandel)はカルヴィンが米人気歌手のテイラー・スウィフト(Taylor Swift)と別れたことを茶化さずにはいられなかった。

 シーザーズ・パレスの「オムニア・ナイトクラブ」でのレジデンシー公演で「アイコン賞」を贈られたカルヴィンの「ステキなスーツ」をほめた後、ホーウィーは「どの仕立屋(テイラー)にお願いしたんだい?」とジョークを飛ばし、会場を爆笑させた。

 カルヴィンはバツの悪い笑顔を浮かべ、「それはもう経験ずみだよ。君はどこかで言っていたじゃないか」と応じ、ファンのサポートに感謝した。

 カルヴィンは5月末にテイラーと破局したが、彼女はそのわずか数週間後、リバウンドするかのように英俳優のトム・ヒドルストン(Tom Hiddleston)との交際をスタートした。

 しかしカルヴィンとテイラーは7月、カルヴィンがR&B歌手のリアーナ(Rihanna)とコラボしたヒット曲「ディス・イズ・ホワット・ユー・ケイム・フォー」をめぐり、またしてもメディアの注目を集めた。同曲の歌詞を書いたのは実はテイラーだったという噂を広報担当者が事実と認めたため、カルヴィンはTwitterで不満を爆発させ、テイラーの関与を隠したことで自分を悪者に見せようとしたと広報担当者を批判。曲のクレジットで偽名を使うことを選んだのはそもそもテイラーだったと反論した。

(C) Cover Media

※写真と記事は必ずしも関連するとは限りません。