• BRASH TOP >
  • Lifestyle>
  • 酔っ払ったジョニー・デップ、妻アンバー・ハードとの口論中に指先を切り落とす?

16.08.17(Wed)

酔っ払ったジョニー・デップ、妻アンバー・ハードとの口論中に指先を切り落とす?

Brash Editorial Team

Brash Editorial Team

ジョニー・デップ

 『パイレーツ・オブ・カリビアン』シリーズなどで知られる俳優のジョニー・デップ(Johnny Depp, 53)が泥酔中に妻で女優のアンバー・ハード(Amber Heard)と激しい口論になり、カッとなった勢いで指先を切り落としたとアンバーの弁護団が主張している。ジョニーはオーストラリア滞在中に借りていた別荘で酒に酔い、アンバーが浮気したと思い込んでかんしゃくを起こし、プラスチック製の電話を壁に叩きつけたという。その際、指先に重傷を負ったらしい。

 米芸能情報サイト「TMZ」が入手した書類によると、ジョニーは血が出ている指を濃い青のペンキが入ったポットにひたし、壁に「ビリー・ボブ」や「イージー・アンバー」(イージーは「尻軽」を意味する)などと書き殴ったという。ジョニーは現在別居中のアンバーが共演したことのある俳優のビリー・ボブ・ソーントン(Billy Bob Thornton)と浮気したと信じ込んでいたようだが、彼女は断固として否定している。

 さらにアンバーの弁護団は、ジョニーは約24時間も治療を受けようとしなかったため、医師らは切り落とされた指先を再び付けられなかったとも主張。代替策として手の皮膚を移植して縫い合わせたとも指摘した。

 一方、ジョニーが怒りにまかせてワインボトルやグラスを叩き割る動画が12日にネット上に流出した。アンバーと結婚して1ヶ月後の2015年3月に起きたとみられている。

 アンバーは5月、その15ヶ月前に結婚したジョニーとの離婚を突然申請し、結婚していた間はずっと暴力や虐待を受けていたと主張して接近禁止命令を求めた。

 アンバーは13日、ジョニーとのドメスティック・バイオレンス裁判を前にジョニーの弁護団が求めた宣誓供述の一環で証言に応じ、6時間以上も質問攻めにあった。DV裁判は米現地時間17日に行われるとみられている。

 TMZによると、アンバーはジョニーから受けたと主張する虐待や暴力について質問されたという。アンバーは5月25日に離婚を申請したが、その2日後、顔が傷つき、目にアザができた写真を裁判所に提出したことでDV被害の疑いが浮上した。5月21日にジョニーにスマートフォンを投げつけられてケガをしたと主張している。

(C) Cover Media

※写真と記事は必ずしも関連するとは限りません。