• BRASH TOP >
  • Lifestyle>
  • 「1D」のルイ・トムリンソン、メッセンジャーアプリで嫌がらせをしてくる「負け犬」たちを猛烈批判!

16.08.18(Thu)

「1D」のルイ・トムリンソン、メッセンジャーアプリで嫌がらせをしてくる「負け犬」たちを猛烈批判!

Brash Editorial Team

Brash Editorial Team

ルイ・トムリンソン

 英ボーイズバンド、ワン・ダイレクション(One Direction)のルイ・トムリンソン(Louis Tomlinson, 24)が、メッセンジャーアプリ「WhatsApp」で嫌がらせの標的になったことから電話番号を変える羽目になり、不満をぶちまけた。

 ルイは16日未明、WhatsAppで「ムカつく」メッセージが寄せられてきたことにうんざりしたとツイートした。

 「電話番号を変える時だ…。WhatsAppでムカつくメッセージが送られてくる。この負け犬どもめ!」とルイは書き込んだ。

 同じく1Dのメンバーであるナイル・ホーラン(Niall Horan)もルイのサポートに回り、仲間がいると励ました。「ルイ、僕もだよ。人が言うことの中には本当に恐ろしいものがあるね」

 ファンも擁護に動き、ルイが電話番号を変えたと明かした数分後には「#RespectLouis」(ルイに敬意を)というハッシュタグがTwitterで急上昇ワードとなった。

 ルイはその後、今回の騒ぎをジョークで笑い飛ばそうと試み、ナイルと一緒に音楽のスキルを活用してネット上の荒らしを蹴散らすべきだと提案した。

 「ラップバトルを仕掛けて、64小節であいつらを打ち負かすべきかもね」とルイが書き込むと、ナイルは「それだと強すぎだよ! 64小節未満で十分だ。僕らはそれくらい上手いからね!」と応じ、「いつになったら僕らへの嫌がらせをやめてくれるんだろう!」とつけ加えた。

 ナイル自身も先日、体調不良を理由に機内での記念写真を断ったにもかかわらず、勝手に寝顔を撮影したファンを批判したこともあり、Twitterで寄せられるファンのサポートを身にしみて感じている。

 ナイルはプライバシーを侵害されたことに不満をあらわにし、「こんなひどいことをされるなんてありえない。誰かに写真を撮られずに機内で寝ることもできないなんて、どうすればいいんだよ?」

 1Dのファンはすぐにナイルの支援に動き、「#RespectNiall」(ナイルに敬意を)というハッシュタグが急上昇ワードになったほか、配慮に欠けた写真を公開した人物を「失礼」で「キモい」と批判した。

(C) Cover Media

※写真と記事は必ずしも関連するとは限りません。