• BRASH TOP >
  • Lifestyle>
  • 女子体操の金メダリスト、ジョン・レジェンドとクリッシー・テイゲンの娘のコーチに就任?

16.08.30(Tue)

女子体操の金メダリスト、ジョン・レジェンドとクリッシー・テイゲンの娘のコーチに就任?

Brash Editorial Team

Brash Editorial Team

ジョン・レジェンドとクリッシー・テイゲン

 リオ五輪の体操女子団体競技で金メダルを獲得したアリー・レイズマン(Aly Raisman, 22)が、R&B歌手のジョン・レジェンド(John Legend)と妻でモデルのクリッシー・テイゲン(Chrissy Teigen, 30)夫妻の娘のコーチに名乗りを上げた。

 クリッシーは25日、リオ五輪に米代表として出場したアリーに思い切ってTwitterでコンタクトをとり、友人になってほしいと頼んだ。

 「アリー、厚かましいと思われたくはないけれど、どうか友だちになってくれない? 私たちはあなたが大好きなの!」とクリッシーはツイートした。

 するとアリーは、ぜひセレブ夫妻と仲良くなりたいとすぐに返事をした。「オーマイガッド、イエスよ。私もあなたたちが大好き。親友になってほしいし、私のレオタードを娘さんに送ってもいい?」とアリーは返した。

 クリッシーはその返事に大興奮したが、まだ生後4ヶ月のルナ(Luna)ちゃんにアリーの指導を受ける能力があるかどうか分からないと認めた。

 「アリー、ジョンと私の娘に運動神経があるとは全然思えないけれど、イエスよ!」とクリッシーはルナちゃんに体操を教えてあげるというアリーの申し出にそうツイートした。

 「私がお手伝いするわ」とアリーは明言した。「私にモデルのやり方を教えてくれれば、娘さんに体操を教えてあげる」

 アリーがジョンに「側転」の腕前について聞くと、ジョンもこの会話に参加した。

 「側転はまだまだ練習不足だね」とジョンはコメントし、「でも段違い平行棒はすごいよ」とつけ加えた。

 「ワオ。だったら私に教えてくれなきゃ」とアリーは感想を語った。

 アリーは「ファイナル・ファイブ」と呼ばれた女子団体のキャプテンとしてリオ五輪にのぞみ、計6つのメダルを獲得。1990年代のスター選手、シャノン・ミラー(Shannon Miller)に続き、米史上2番目に多いメダル数を誇る女性アスリートとなった。

(C) Cover Media

※写真と記事は必ずしも関連するとは限りません。