• BRASH TOP >
  • Lifestyle>
  • スノボで負傷したレクシー・ボーリング、ただいま復帰を目指してリハビリ中!

16.09.01(Thu)

スノボで負傷したレクシー・ボーリング、ただいま復帰を目指してリハビリ中!

Brash Editorial Team

Brash Editorial Team

レクシー・ボーリング

「バッド(bad)」とつづられたタトゥーを入れていることから「モデル界のバッドガール」と呼ばれているレクシー・ボーリング(Lexi Boling, 23)が、7月に臀部の手術を受けたことを明かした。スノーボードをしている時に負傷したレクシーは、ケガをしたせいでウォーキングに支障が出るのではないかと心配しているらしい。「先月、お尻の手術を受けたばかりなの。スノーボードをやっている時に、関節を損傷しちゃったのよね」と、レクシーは米New York Times紙のインタビューで明かしている。「いまはリハビリをしている最中なの。ウォーキングに影響しなければいいなと思っているわ。リハビリが終わったら、今度はヒールを履いて歩く練習をするつもりよ。痛くても、我慢できるといいんだけれど」。

レクシーは6フィート1インチ(約185cm)の長身と強烈な目力のおかげで、トップモデルの座をつかんだ。売れっ子のレクシーなら高価な化粧品をいくらでも使うことができそうなものだが、彼女のスキンケアはいたってシンプルなのだという。「顔は水だけで洗っているわ。以前は色々な洗顔料を使っていたけれど、肌がヒリヒリしちゃってダメだったのよね。水だけで洗顔するようになって3ヵ月たつけれど、肌の透明感がアップしたしヒリヒリすることもなくなったわ。水だけだと、旅先でもラクだしね」と、レクシーは話している。

もともと太りにくい体質のレクシーは、ダイエットもしていないという。「ダイエットなんて、しようと思ったことないわ。私は身長が6フィート1インチもあるし、苦労しなくてもやせていられるの。だから、食べたい物を食べているわ。チキンナゲットとかね。これじゃマズイなと思った時は、ホットヨガに行くことにしているわ」と、レクシーは笑顔で話している。「ヴィクトリア・シークレット(Victoria’s Secret)のモデルたちは、毎日欠かさずワークアウトしてる。よくそんなことができるな、って思っちゃうわ。でも、ショーに出演するモデルがワークアウトすることに反対する人も多いのよ。私たちって、すぐやせすぎちゃうから。要するに、ちょうどいいバランスを見つけることが大事なのよね」。

(C) Cover Media

※写真と記事は必ずしも関連するとは限りません。