• BRASH TOP >
  • Lifestyle>
  • ジェームズ・キャメロン監督、『アバター』続編4本は毎年の連続公開を計画!

16.09.09(Fri)

ジェームズ・キャメロン監督、『アバター』続編4本は毎年の連続公開を計画!

Brash Editorial Team

Brash Editorial Team

ジェームズ・キャメロン

 ジェームズ・キャメロン(James Cameron)監督が、映画『アバター』の続編4本のうち、最初の作品を2018年に公開し、残り3本を1年おきに公開することを考えている。

 2009年に公開され、サム・ワーシントン(Sam Worthington)、ゾーイ・サルダナ(Zoe Saldana)らが出演した『アバター』は27億8,000万ドル(約2,830億円)の興収をあげる大ヒットとなり、この世界興収記録は現在も破られていない。しかしファンは当初2016年12月に予定されていた『Avatar 2(原題)』の公開が2017年末に延期されたため、待ちぼうけをくらっていた。

 そんな中、キャメロン監督は今年、ラスベガスで開催された「シネマコン」で、ファンに良いニュースと悪いニュースの両方を届けた。良いニュースとは、続編が以前発表されていた3本ではなく4本に増えるというもので、悪いニュースは、最初となる『Avatar 2』の公開を2018年12月まで先延ばしにするというものだった。さらに『Avatar 3(原題)』の公開が2020年、続く第4作と第5作がそれぞれ2022年と2023年に公開される見込みだと明かした。

 しかし7日、米モーニングショー「トゥデイ」に出演したキャメロン監督は、4本すべてを2018年からの4年間で公開する予定で制作していると断言した。

 「ファンとしては、きっと映画的で壮大なイベントを待ち望んでいるだろうし、4本の続編をできれば1年おきに連続して公開したい。もしそれができれば、4本を通じて一大叙事詩が語られるだろう」と監督は説明した。

 さらに、公開を延期したことで得られた時間的な余裕で、制作チームはデジタル作業の質を向上させることができたとも力を込めた。

 「すべてのCGアニメーション、フェイシャルアニメーションを改良した」と監督は語っている。「一連の作業の流れが良くなり、すべてがより効率的になった」

(C) Cover Media

※写真と記事は必ずしも関連するとは限りません。