• BRASH TOP >
  • Lifestyle>
  • エヴァ・グリーン、SNSをしない理由は酒グセが悪く何を言うか分からないからと告白!

16.09.12(Mon)

エヴァ・グリーン、SNSをしない理由は酒グセが悪く何を言うか分からないからと告白!

Brash Editorial Team

Brash Editorial Team

エヴァ・グリーン

 仏女優のエヴァ・グリーン(Eva Green, 34)は、酔っ払った勢いで恥をかくことを心配しているため、SNSでアカウントを開設するつもりがないようだ。

 ボンドガールとしても知られるエヴァはTwitterやInstagramに興味がなく、お酒を少し飲んだ時には恥をかく行動をする傾向があるため、今後もSNSを使うつもりはないという。

 エヴァはウェブマガジン「The Edit」とのインタビューで、SNSに参加しない理由を聞かれ、「酔っ払って変なことを書き込むのがイヤなの」と答えた。「酔っ払ったままメールすることがあるの。だからもしTwitterをやったら…。かなりシャレにならないことになるわ。『私、どうしてこんなこと書いたの!』みたいにね」

 エヴァは今の世の中がテクノロジーを介して他人とつながることを選ぶ理由がよく分からず、特にファンに対してそう感じるという。

 「自撮りって嫌いなの」とエヴァは断言した。「一緒に自撮り撮影を求めてくるファンが多くて悲しくなるわ。みんなは写真を求めていて、その瞬間を共有することよりも自分のことしか考えてない。私を見かけて、『演技が好きです』と話しかけるのではなく、まるで何かを盗まれたような感じがするくらいよ」

 突き詰めて言うと、エヴァは内向的で非常にシャイな性格のため、気づいたファンに話しかけられないように公の場では変装することもあるという。

 「私は会話が得意なタイプじゃないわ」とエヴァは打ち明けた。「自分のことを語るのは苦手なの。私がシャイだと分かると、びっくりする人もいるくらい」

 「透明人間になることだってできる」とエヴァはつけ加えた。「パリに行った時は地下鉄を使っているの。メガネもかけているわ」

 人気ドラマシリーズ「ナイトメア ~血塗られた秘密~」でも知られるエヴァは、同じく控えめな生活を大切にする友人に感謝し、撮影現場で会う役者たちのエゴにぞっとする思いがする時もあると認めた。

 「友だちになった役者の人たちは、あまり役者然としていないの」とエヴァは指摘した。「すごくナルシスト的な仕事だわ。野心というものにはうんざり。心の中に不安をあおるものよ」

(C) Cover Media

※写真と記事は必ずしも関連するとは限りません。