• BRASH TOP >
  • Lifestyle>
  • ライオネル・リッチー、娘ソフィアの彼氏のジャスティン・ビーバーとの話し合いを希望!

16.09.13(Tue)

ライオネル・リッチー、娘ソフィアの彼氏のジャスティン・ビーバーとの話し合いを希望!

Brash Editorial Team

Brash Editorial Team

ライオネル・リッチー

世界的ミュージシャンのライオネル・リッチー(Lionel Richie, 67)が、「Sorry」の曲でも有名ジャスティン・ビーバー(Justin Bieber)と「話をつける」ためにビバリーヒルズの邸宅に彼を招いたそうだ。

ジャスティンはライオネルの末娘でまだ18歳になったばかりのソフィア(Sofia)とパーティーや海外旅行を楽しんでいるが、娘を大切にしているライオネルは心配しているという。

今年の8月にジャスティンとソフィアは日本への旅行を満喫し、ソーシャル・メディアでもその様子を伝えていた。8月の終わりにはソフィアの18歳の誕生日を祝して、メキシコのサン・ルーカス岬へプライベート・ジェットで小旅行に出かけ、キスしたり抱き合ったりしているところをパパラッチされている。

ジャスティンはInstagramのページでソフィアとのロマンスの模様を公開していたが、ソフィアを攻撃するネット上の荒らしを激しく非難した数日後、ジャスティンはこのアカウントを閉鎖した。

「ライオネルは過保護な父親なんです。彼にとってソフィアはまだ幼い娘だと思っています。ソフィアがジャスティンと交際し始めたときは、ただの友達でそれ以上の関係ではないと父親に向かって約束しました。しかし、今では明らかに違ってきています。ライオネルはジャスティンと腰を落ち着けて話をすることを求めています」とリッチー家と親しい事情通が英Now誌に語った。

別の友人は、ソフィアが「ビバリーヒルズでもっとも激しいパーティー」にジャスティンと通いだしたので、彼女が姉のニコール(Nicole)よりも荒れてしまうのではと心配しているとつけ加えた。

かつてはジャスティンの音楽を「やがて忘れられていくもの」と呼んだライオネルだが、最近モデルのサハラ・レイ(Sahara Ray)とハワイに旅行して裸で歩き回っている姿を写真に撮られたジャスティンの意図に懸念を抱いている。さらに、ソフィアとの交際が表沙汰になった直後に、ジャスティンはロンドンでモデルのブロンテ・ブラムパイド(Bronte Blampied)とパーティーしていた姿も撮影されている。

「ライオネルにとっても気乗りしない会談でしょうが、今では避けられなくなってきています」と事情通がつけ足した。「ジャスティンがソフィアを悪い道へと誘うんではないかと誰もが心配しています。ソフィアはクールでかっこいいものに出会うかもしれませんが、彼女はまだパパのことが大好きな娘なんです。ライオネルはジャスティンがどう思っているか知りたいんです」

(C) Cover Media

※写真と記事は必ずしも関連するとは限りません。