• BRASH TOP >
  • Lifestyle>
  • カリスマトレーナーのトレーシー・アンダーソン、イチオシのワークアウトは「ウォーキング」?!

16.09.15(Thu)

カリスマトレーナーのトレーシー・アンダーソン、イチオシのワークアウトは「ウォーキング」?!

Brash Editorial Team

Brash Editorial Team

トレーシー・アンダーソン

セレブ御用達のトレーナーとして知られるトレーシー・アンダーソン(Tracy Anderson, 31)が、ウォーキングの効果を絶賛している。トレーシーは世界中で大ヒットしたエクササイズ・プログラム「ザ・トレーシー・メソッド」の考案者で、マドンナ(Madonna)やジェニファー・ロペス(Jennifer Lopez)、グウィネス・パルトロー(Gwyneth Paltrow)、キム・カーダシアン(Kim Kardashian)、キャメロン・ディアス(Cameron Diaz)、ニコール・リッッチー(Nicole Richie)、コートニー・コックス(Courtney Cox)など名だたるセレブたちのトレーナーを務めてきた。そんなトレーシーが「年配者がやるもの」と思われているウォーキングをイチオシしているのは意外な気もするが、彼女は以前からウォーキングの効用を認めていたのだという。「ウォーキングが効果的な有酸素運動だということを、私は以前から認めていたのよ。年配の人たちがやるもので、運動量が足りないと思われているけれど、そんなことはないわ。ウォーキングは立派なエクササイズなんだから」と、トレーシーは力説している。

自身もウォーキングを実践しているというトレーシーによると、ウォーキングはランニングよりもダイエット効果があるのだという。「大半の人にできるってところが、ウォーキングのもつ利点の1つ。関節に負担がかからないから、とてもヘルシーだしね。ウォーキングは同じ動きの繰り返しだけれど、速度や歩幅などを変えて楽しむことができるから、やる気が長続きするのよ」と、トレーシーは話している。「ランニングはウォーキングより消費カロリーが少ないし、長時間続けることもできない。カロリーを消費するためには、汗をかいてカロリー消費が始まる段階まで続けることが肝心。だから、短時間ランニングするより、長時間パワフルに歩くほうが効果的なのよ。エクササイズのためにウォーキングをするなら、ヘッドホンで音楽を聞きながら歩いてみて。そうすれば、音楽が体にパワーをチャージしてくれるから」。

ニューヨークでダンサーになるために修行していたトレーシーは、体重が40ポンド(約18 kg)ほど増えたのを機にフィットネス・トレーナーに転向した。現在は5ヵ所でワークアウト・スタジオを展開しているほか、スタジオ用の床材を扱う会社も経営。また、ワークアウトビデオやオンライン・プログラム、フィットネス・ウェアなども次々と発表している。

(C) Cover Media

※写真と記事は必ずしも関連するとは限りません。