• BRASH TOP >
  • Lifestyle>
  • 故ポール・ウォーカーさん、『ワイルド・スピード』新作に「出演」の可能性が浮上!

16.09.22(Thu)

故ポール・ウォーカーさん、『ワイルド・スピード』新作に「出演」の可能性が浮上!

Brash Editorial Team

Brash Editorial Team

ポール・ウォーカー

 俳優の故ポール・ウォーカー(Paul Walker, 享年40)さんが、『ワイルド・スピード』シリーズ最新作で「復帰」する可能性を弟が明かした。

 同シリーズでブライアン・オコナーを演じてブレイクしたポールさんは、第7作『ワイルド・スピード SKYMISSION』の撮影の終了を待たずして亡くなり、同作はポールさんの追悼作となった。

 ポールさんは2013年11月、友人のロジャー・ローダス(Roger Rodas)さんのポルシェに同乗していたが、車は電柱に衝突して炎上。運転していたロジャーさんも亡くなっている。事故当時に出演していた『ハリケーンアワー』、『フルスロットル』、『SKYMISSION』の3本は死後に公開された。

 ポールさんの弟であるケイレブ(Caleb)とコーディ(Cody)が亡き兄の代役を果たしたことで『SKYMISSION』は完成に漕ぎつくことができたものの、ポールさんのキャラクターが今でも作品になくてはならない存在であることに変わりはない。

 第7作がポールさんに別れを告げる作品になってしまったとはいえ、ケイレブは兄が最新作でカメオ出演をするというアイディアに家族も賛成していると明かした。

 「ヴィン(・ディーゼル、Vin Diesel)と少し前に1時間くらい電話でこのことを話し合ったんだ。彼は僕たち家族の賛成を取り付けたがっていたよ」とケイレブは米エンターテイメント情報番組「Entertainment Tonight」とのインタビューで打ち明けた。

 同シリーズで主演を務めるヴィンは「ポールのキャラクターを再び登場させて、彼がいまも存在するとファンに伝えることが受け入れられるかどうか」聞いてきたという。

 「ユニバーサルはポールとそのイメージ、それに家族に敬意を表する形にしたいとこだわっていたよ」とケイレブはつけ加えた。

  亡くなった俳優が死後に出演するのはハリウッドで珍しいことではない。英俳優のオリヴァー・リード(Oliver Reed)は『グラディエーター』の撮影中に急な心臓発作で亡くなったが、デジタル処理により2分間の出演シーンを死後に撮影している。

 ケイレブとコーディはポールさんが設立した災害援助NPO「リーチアウト・ワールドワイド」のために開催され、今年で2度目となる寄付集めイベント「Game4Paul」を前に兄の死後出演についてコメントした。2人はポールさんが遺した活動に敬意を表し、今も献身的に取り組んでいる。

(C) Cover Media

※写真と記事は必ずしも関連するとは限りません。