• BRASH TOP >
  • Lifestyle>
  • アマンダ・セイフライド&ジャスティン・ロングが破局

15.10.02(Fri)

アマンダ・セイフライド&ジャスティン・ロングが破局

Brash Editorial Team

Brash Editorial Team

アマンダ・セイフライド&ジャスティン・ロング

 『マンマ・ミーア!』などで知られる女優のアマンダ・セイフライド(Amanda Seyfried, 29)と俳優のジャスティン・ロング(Justin Long, 37)が破局したと報じられた。

 アマンダは2013年末にジャスティンと知り合い、交際をスタートした。最近のインタビューではジャスティンへの熱い想いを語っていたが、うまくいかなかったらしく、別れを決めたようだ。

 「数週間前に別れたわ」とある事情通は米Us Weekly誌に語っている。「彼はすごく意気消沈している」

 アマンダとジャスティンが大ゲンカをしたことで関係にヒビが入ったわけではなく、自然と気持ちが離れていったようだ。最近は2人とも仕事で忙しく、会うためにスケジュールのやりくりをするのも頭痛のタネになっていたらしい。

 アマンダとジャスティンはニューヨーク市内のアパートで暮らしていたが、現時点ではどちらかが今後も同じ部屋に住み続けるかどうかは不明だ。

 アマンダとジャスティンはInstagramを通じて知り合った。行動を起こしたのはアマンダのほうだったという。

 「Instagramで彼をフォローしていて、彼の言ったことがとても面白かったのがきっかけだったわ」とアマンダは5月、米版Vogue誌とのインタビューで語っている。「きれいなカタツムリの画像に『とっとと前に進めよ!』というキャプションが付けられていたの。つい爆笑して、彼にメールしたわ」

 アマンダは同じインタビューで、ジャスティンとの恋愛がとてもしっくりきたとも語っており、一緒にいる時に自分らしさを失わなかったことで彼との交際が特別なものだと分かったと打ち明けていた。

 しかし仕事のせいで交際に負担がかかっていたこともほのめかしており、仕事が1日12時間から14時間も続き、パートナーとすごす時間がなかなかとれないとも話していた。

 また7月に結婚の計画について触れた際、時にはジャスティンとの関係で悩みもあるともほのめかしていた。婚約はしていなかったが、結婚について話し合っていたことがあり、彼女は自分が望むことをはっきり分かっていた。

 アマンダは英版Marie Claire誌とのインタビューで、ジャスティンと結婚について話し合ったかと質問されると、「そうでもないわ」と答えた。「全くしてないわけじゃない。お互いに仕事ばかりしていると、どれだけ相手にコミットしているのか分からなくなる。お互いに相手のどこが好きなのかを知っているといい気分になれるだけ。それが一番大事なことよ。『ねえ、ここにいるの?』っていう感じがするみたい。私たちはお互いを愛しているし、尊敬もしているし、とてもいい関係なの。盛大な結婚式は望まない。姉の結婚式はもっといいものになるわ。私には注目が向けられないからよ」

(C) Cover Media

※写真と記事は必ずしも関連するとは限りません。