• BRASH TOP >
  • Lifestyle>
  • ジョン・ニューマン、親友カルヴィン・ハリスと別れたテイラー・スウィフトと絶交!

16.09.28(Wed)

ジョン・ニューマン、親友カルヴィン・ハリスと別れたテイラー・スウィフトと絶交!

Brash Editorial Team

Brash Editorial Team

ジョン・ニューマン

 英シンガーソングライターのジョン・ニューマン(John Newman)が、親友でスコットランド出身のDJカルヴィン・ハリス(Calvin Harris)に「残酷な」仕打ちをした元恋人で米人気歌手のテイラー・スウィフト(Taylor Swift, 26)と絶交したと語っている。

 テイラーは6月、1年以上付き合っていたカルヴィンと破局。しかし失恋の苦しさをかき消すかのように、その直後に英俳優のトム・ヒドルストン(Tom Hiddleston)との交際をスタートした。そのトムとも今月に入ってからスピード破局している。

 テイラーとカルヴィンは、カルヴィンがR&B歌手のリアーナ(Rihanna)とコラボしたヒット曲「ディス・イズ・ホワット・ユー・ケイム・フォー」の歌詞を書いたことをテイラー側が不意に発表したことで、偽名を選んだのはテイラー自身だったとカルヴィンが反論する展開となり、関係が悪化した。

 ところが、2人が別れる数ヶ月前の4月にテイラーが同曲に関わっていたことを初めて明かしたのはジョンだった。「カルヴィン・ハリスが作った曲の中で好きなのがこれ。リアーナとテイラー・スウィフトの曲ではこれが最高のポップソングだ」とジョンは4月にツイートしたが、その直後に削除していた。

 ジョンはここへ来て、テイラーの関与が発覚するのを防ぐためにこのツイートを即行で削除するようカルヴィンが求めたと打ち明けた。テイラーはニルス・ショーベリ(Nils Sjoberg)というペンネームで同曲にクレジットされている。

 テイラーのマネージメント側は7月、彼女が作詞したと発表したが、カルヴィンはテイラーが自分を「中傷」しようとしていると批判。ジョンはこうした舌戦が報じられる中、テイラーのカルヴィンに対する対応に気を悪くしていた。

 「彼女サイドからだって? ああ、残酷だったのは間違いないね。僕はカルヴィンと一緒で、目立たないのが好きなんだ。言いたいことは曲で言っているよ。(4月にテイラーの関与を暴露した)ツイートをした時は、ほとんどその直後にカルヴィンからメールが来て、「今すぐに消してくれ」とあったんだ」とジョンは説明した。

 「でも結局はみんなの知るところとなった。いや、(テイラーとはもう)友だちじゃない。今の状況には納得がいかない。でも、もうこれ以上はコメントしないほうがいいかな。変な話だけど、彼女のことはそれほどよく知らなかった。別世界の人だからね」とジョンは手厳しくつけ加えた。

 カルヴィンと別れたとはいえ、ジョンは今もテイラーの音楽が好きで、カルヴィンとの交際を曲で歌うかどうかは別にしても、次のアルバムは大成功間違いなしだと確信しているという。

 「彼女の音楽はとても好きだし、何を歌ってもすばらしい曲になるよ」とジョンは語っている。「でも僕の元恋人たちは曲で僕のことをあまり良く歌っていなかった。嵐が過ぎるのを待つしかないね」

(C) Cover Media

※写真と記事は必ずしも関連するとは限りません。