• BRASH TOP >
  • Lifestyle>
  • アリアナ・グランデ、祖父のためにカントリー音楽とのクロスオーバーに意欲!

16.09.30(Fri)

アリアナ・グランデ、祖父のためにカントリー音楽とのクロスオーバーに意欲!

Brash Editorial Team

Brash Editorial Team

アリアナ・グランデ

 人気ポップ歌手のアリアナ・グランデ(Ariana Grande, 23)が、亡き祖父への気持ちを込めてカントリー・ミュージックとのクロスオーバーに挑戦する意欲をみせている。

 アリアナは「デンジャラス・ウーマン」や「プロブレム」、「ラヴ・ミー・ハーダー」といったヒット曲で知られるが、もし良いチャンスが訪れた場合には、ぜひカントリー・ミュージック界に挑戦したいと打ち明けた。

 アリアナは米エンターテイメント情報番組「Entertainment Tonight」とのインタビューで、今後のキャリア展開について質問され、次のように答えている。「祖父はずっと私にカントリー・ミュージックをやってほしがっていたの。実現するかどうかは分からない。でももしチャンスが訪れたら、『もちろんやる!』と言うに決まっているわ」

 カントリー・ミュージックの熱狂的なファンではないと自ら認める一方で、アリアナは幼い頃に女性3人組バンド、ディクシー・チックス(Dixie Chicks)を聴いて興味があったとも話している。

 「父と車に乗っている時に、ディクシー・チックスを聴いていたのを覚えているわ」とアリアナ。「父はディクシー・チックスの大ファンだったの」

 しかしアリアナはカントリー・ミュージックに挑戦する準備はまだできていないと認め、こうつけ加えた。「もっとたくさんカントリー・ミュージックの宿題をしなくちゃ」

 アリアナは来年2月にアリゾナ州フェニックスで開幕する「デンジャラス・ウーマン」ツアーの合間にリサーチする時間ができるかもしれない。同北米ツアーは4月のフロリダ州オーランドでフィナーレを迎え、海外公演も追加される予定だ。

 またアリアナは12月に米NBCが放送するクリスマス前の生放送ミュージカル特番「ヘアスプレー・ライブ!」にペニー・ピングルトン役で出演する。

(C) Cover Media

※写真と記事は必ずしも関連するとは限りません。