• BRASH TOP >
  • Lifestyle>
  • サラ・ジェシカ・パーカー、「SATC」キャスト仲間との不仲説を否定!

16.10.04(Tue)

サラ・ジェシカ・パーカー、「SATC」キャスト仲間との不仲説を否定!

Brash Editorial Team

Brash Editorial Team

サラ・ジェシカ・パーカー

 米HBOの人気ドラマ「セックス・アンド・ザ・シティ」(SATC)で知られる女優のサラ・ジェシカ・パーカー(Sarah Jessica Parker)が、共演したキャスト陣との不仲説を否定し、またみんなで共演したいと力説した。

 HBOの新シリーズ「Divorce」のPR中のサラは、キム・キャトラル(Kim Cattrall)、クリスティン・デイヴィス(Kristin Davis)、シンシア・ニクソン(Cynthia Nixon)ら3人と再び共演するアイディアを歓迎している。

 「まだそのことは考えたことがないの」とサラは米エンターテイメント情報番組「Entertainment Tonight」とのインタビューで語った。「役にとって適切で、役者がやりたいと望むものであれば、誰も反対しないと思うわ」

 サラが不幸な結婚をした女性を演じる「Divorce」のシーズン1はすでに撮影を終えているが、長年の友人も出演する可能性はありそうだ。シンシアはサラと再び一緒に仕事ができるチャンスがあれば飛びつきたいと語っている。

 「こういうアイディアならいつでも大歓迎よ」とサラは語った。

 またサラはファンに対し、新しく演じるキャラクターは「SATC」のヒロイン、キャリー・ブラッドショーとは全く違うともファンに注意を促している。「Divorce」で演じるのは管理職のヘッドハンターで2児の母親だ。

 「まったくの別人よ」とサラ。「男性との付き合いも、恋愛やお金、ニューヨーク、子育ての考え方、そして責任感が違うわ」

 「フランシスは(キャリーほど)明るくもないし、生き生きしていない。深い川は静かに流れるを地で行くタイプよ」

 またサラは「Divorce」でフランシスの毒舌な親友を演じるモリー・シャノン(Molly Shannon)、タリア・バルサム(Talia Balsam)という新たなガールパワー仲間を得ている。

 「タリアは私の最初のチョイスだったけれど、誰にも言わなかったの」とサラは打ち明けた。「タリアの仕事ぶりにはずっと前から注目していたわ。モリーとタリアの2人と共演するのは本当に楽しい。むしろ、次のシーズンで楽しみにしていることの1つは、この2人ともっと一緒に時間をすごすことよ。ドラマの中でもプライベートでも」

(C) Cover Media

※写真と記事は必ずしも関連するとは限りません。