• BRASH TOP >
  • Lifestyle>
  • パリで10億円の宝石強盗被害に遭ったキム・カーダシアン、帰国し夫カニエ・ウェストのもとへ

16.10.05(Wed)

パリで10億円の宝石強盗被害に遭ったキム・カーダシアン、帰国し夫カニエ・ウェストのもとへ

Brash Editorial Team

Brash Editorial Team

キム・カーダシアン&カニエ・ウェスト

 パリ市内で武装強盗に銃を突きつけられ、10億円相当の宝石を奪われる被害に遭ったリアリティスターのキム・カーダシアン(Kim Kardashian, 35)がニューヨークに発ち、夫でラップ歌手のカニエ・ウェスト(Kanye West)のもとに戻った。

 キムは3日未明、ホテルの部屋に戻ってきたところを警官になりすました少なくとも2人の男性に銃で脅された。キムは姉のコートニー・カーダシアン(Kourtney Kardashian)、母のクリス・ジェンナー(Kris Jenner)と一緒にパリ・ファッションウィークのショーに出席するため同市を訪れていた。

 地元警察によると、キムは強盗に縛られ、猿ぐつわをはめられ、さらに銃を突きつけられた上、1,000万ドル(約10億円)相当のジュエリーを盗まれたという。犯人はキムをバスルームに閉じ込め、略奪品を持って逃走した。

 報道によると、今回の事件には5人の男性が関わっていたとされる。

 キムは警察で調書が受理された後にプライベートジェット機でパリを発ち、3日朝にマンハッタンでカニエに迎えられた。キムとカニエ、クリスとその恋人のコーリー・ギャンブル(Corey Gamble)らは、15台の車列でカニエのマンハッタンの自宅に戻る様子を激写されている。一行は15人から20人のボディガードに囲まれ、ニューヨーク市警も警備に当たったと米芸能情報サイト「TMZ」は伝えている。

 一方、アンヌ・イダルゴ(Anne Hidalgo)パリ市長は強盗犯を非難し、2児の母でもあるキムとその家族を「パリは常に歓迎する」とコメントした。

 キムは今回の事件についてまだコメントしていないが、広報担当者のアイナ・トレシオカス(Ina Treciokas)は事件が報じられた直後、彼女は「ひどく動揺しているものの身体的なケガはない」と発表した。

 2日夜にニューヨーク・クイーンズで初めて開催された音楽フェス「メドウズ・フェスティバル」でステージに立っていたカニエは、妻の事件を知らされると、今すぐライブを中断しなければならないと観客に伝えた。カニエは「Heartless」をパフォーマンス中、観客に「申し訳ない。家族の緊急事態だ。ショーは中断させてもらう」と語りかけた。

 キムの長女ノース(North, 3)ちゃんと生後9ヶ月の長男セイント(Saint)君は事件に巻き込まれていないとも伝えられている。

 パリ・ファッションウィークで複数のショーに出演していたキムの異父妹でスーパーモデルとして活躍するケンダル・ジェンナー(Kendall Jenner)も、キムの事件後に自身のプライベートジェット機でパリを発った。

(C) Cover Media

※写真と記事は必ずしも関連するとは限りません。