• BRASH TOP >
  • Lifestyle>
  • 2度の妊娠で苦しんだケリー・クラークソン、夫にパイプカットを要求!

16.10.10(Mon)

2度の妊娠で苦しんだケリー・クラークソン、夫にパイプカットを要求!

Brash Editorial Team

Brash Editorial Team

ケリー・クラークソン

 人気オーディション番組「アメリカン・アイドル」でブレイクした歌手のケリー・クラークソン(Kelly Clarkson, 34)が、もう2度と妊娠できないように、カントリー歌手リーバ・マッキンタイア(Reba McEntire)の継子にあたる夫のブランドン・ブラックストック(Brandon Blackstock)にパイプカット手術を受けてほしいとお願いしたことを明かした。

 ケリーは2度の妊娠で苦しんだ経験があり、今年出産した長男レミントン(Remington)君が生まれる前に、ブランドンに精管除去手術を受けてほしいと懇願した。

 「まさにレミを妊娠していた時に、『手術してもらうわよ』と言ったの」とケリーは米ラジオ局「SiriusXM」の番組で司会のジェニー・マッカーシー(Jenny McCarthy)に語った。「もう2度と妊娠しないわ。もし妊娠したら神の奇跡よ。分娩台の上で産婦人科の先生に『もしまた妊娠したら、必ず見つけるわよ!』と宣言したの」

 またケリーは、妊娠しないのは本気だとも強調し、米エンターテイメント情報番組「Entertainment Tonight」ではこう語っている。「もう店じまいよ。モノは取り除かれたから、2度とありえない。もう打ち止めなの」

 ケリーはジェニーとのインタビューで、母乳が出にくいのは甲状腺の問題のせいかもしれないとも赤裸々に語った。

 「毎日必死で40オンス(約1,134グラム)を搾乳していたわ」とケリー。「2回の妊娠で禁酒したの。丸々3週間から4週間もよ。どうかしていた。『ロックスターなのに!』と思っていたわ」

 妊娠を2回で打ち切ったケリーは子育てに集中するつもりでおり、母親になったことで力を与えられた気分がするとも話している。「ありふれたことかもしれないけれど、以前よりもずっと自信と力がついた感じがするし、『これなら任せて!』と思えるようになったの」

 ケリーはブランドンと前妻の間に生まれた2児の継母でもある。

(C) Cover Media

※写真と記事は必ずしも関連するとは限りません。